柴田年人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柴田 年人(しばた としんど、生没年不詳)とは、明治時代の女性浮世絵師

来歴[編集]

月岡芳年または水野年方の門人。本姓は丹羽、名はのぶ(一説にのぶ子)。名古屋の丹羽礼山の妹で、柴田芳洲に嫁ぎ柴田年人と称し美人画をよくした。『愛知画家名鑑』によれば浮世絵を好み、東京に出て水野年方に師事を受け、明治43年(1910年)ごろ東京で没したという。明治19年(1886年)頃、芳年から門人たちに宛てた書状(芳年門人一覧)には「神田佐久間町弐拾壱番地 柴田年人殿」とある。

参考文献[編集]

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年
  • 西井正氣編 『最後の天才浮世絵師 月岡芳年展』 日本経済新聞社、1995年 ※展覧会図録、141頁
  • 服部徳次郎編 『愛知画家名鑑』 愛知画家顕頌会、1997年

関連項目[編集]