柴崎貴行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「貴行」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。

貴行(しばざき たかゆき、1978年[1]8月6日 - )は、日本テレビドラマ映画監督東映特撮を主に手がける。千葉県出身。

来歴[ソースを編集]

燃えろ!!ロボコン』の撮影現場に助監督として参加した[1]平成仮面ライダーシリーズ仮面ライダークウガ』より本格的に助監督として参加。石田秀範鈴村展弘の弟子筋にあたり、『仮面ライダー555』第31話より鈴村の後継として正式にチーフ助監督に昇格し、その傍らスーパーヒーロータイムのジャンクションてれびくんオリジナルビデオなどの演出も一手に手掛けた。

28歳のとき、『仮面ライダーカブト』第43・44話にて本編の監督デビューする[1]。2009年の『仮面ライダーディケイド』の中途からは助監督より監督に昇進、6本のエピソードとネットムービーの演出を手掛け、ローテーション監督の一員となっている。平成仮面ライダーシリーズ以外にも『侍戦隊シンケンジャー』に監督として参加するなど活躍の幅を広げ、2010年には『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー』に映画監督としてデビューした[1]。2011年8月には劇場版監督第2作目となる『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』を担当。2012年2月からはスーパー戦隊シリーズ36作品目の『特命戦隊ゴーバスターズ』にて、初のパイロット監督を担当した[1]

エピソード[ソースを編集]

作品[ソースを編集]

テレビ[ソースを編集]

太字はパイロット担当作品。

映画[ソースを編集]

ネット配信[ソースを編集]

オリジナルビデオ[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f キョウリュウジャー読本 2014, pp. 76-77, 「director INTERVIEW06 柴貴行」
  2. ^ キョウリュウジャー読本 2014, p. 14, 「producer INTERVIEW 大森敬仁」.
  3. ^ キョウリュウジャー読本 2014, p. 40, 「main cast INTERVIEW06 丸山敦史」.

参考文献[ソースを編集]