出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シバ
分類
: ツツジ科
和名
柴(しば)

(しば)は、山野に生える、小さな雑木である[1][2]。「柴木(しばき)」とも。

特徴[編集]

折って(燃料)にする[1]。また、垣根、その他の材料としても使われる。 特に木の種類は限定しないが、結果として多くはツツジ科の雑木・灌木。 柴を採取することを「柴を刈る」と言う。刈ったもの(多くは束ねて用いる)は「粗朶(そだ)」という。

家紋[編集]

「柴紋」は、刈って束ねた柴の意匠の家紋である。「結い柴」などがある。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 広辞苑「柴」
  2. ^ 大辞泉