柳龍拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柳龍拳(やなぎりゅうけん)は、合気道家、気功師、霊能者。「大東塾武道」総裁。元日蓮宗僧侶。身長170cm、体重75kg。

武歴と流派[編集]

サハリンに1941年ごろ出生。

小林大竜より大東流合気道を学んだ。 北海道札幌市に自派の道場を開いている。

柳によれば大東流合気道は、武田惣角を中興の祖とする大東流合気柔術や、植芝盛平を開祖とする合気道とは発祥が異なり、武田信玄の家臣(影武者)であった大東久之助の直系武術だとされる。また柳姓は武田家直系の『姓』だと言う。

柳氏が武田姓ではないことや、家臣の武術を大名の子孫が受け継いたことになること等、不自然な点を指摘する向きもあるが、これについては、武田氏が後年居住していた伊勢神宮近辺の柳村に因んで改姓したこと、家臣と言っても(影武者という)異例の高い地位であったことを、説明としている。

活動[編集]

相手に触れることなく倒すという映像を公開している。武術ならびにこの技を以って、多くの他流試合を経験し、200人以上と試合をするも完全無敗で現在に至っていると主張、ウェブサイトでも対戦者を募っていたが、公には後述する一試合のみが知られている。

気功師、霊能者としての顔も持ち、『不思議エネルギーの世界』誌にて、不思議研究所という民間団体の手に拠る物ながら、遠隔治療(電話を介しての気功治療)の実験もおこなった。 除霊人生相談ヨガ教室などもおこなっている。

2011年、TBSのバラエティ番組にてヴァンダレイ・シウバと相撲ルールで戦う予定であったが、シウバがケガによる棄権を申し出たため、代役として菊田早苗と対決を行った。結果は押し出しにより敗退。

他流試合の実際[編集]

柳はHPにて他流試合の相手を募集し、どの武道、格闘家の挑戦(PRIDE等の興行に出場を希望、ヒクソンに勝つ自信があると主張)も5万円で受けるとした。

2006年3月には金額を10倍の50万円、柳が敗戦の場合返金という内容に変更。

その後は、必要額はそのままで、負けた場合対戦者に100万円が支払われるというように、記述が変わっていった。

2006年10月6日、インターネット上の大手サイト探偵ファイルが柳龍拳に挑戦する記事を掲載する。

柳は挑戦を受けることを表明。途中、対戦者変更などの軋轢がありながらも、探偵ファイル側に立つ格闘家=岩倉豪と柳龍拳は11月26日に対戦するのが決定する。岩倉は当時36歳で空手ブラジリアン柔術の経験者、柳は当時65歳で合気によって戦うという、異色の他流試合に注目が集まった。この試合は目潰し金的および粘膜への攻撃禁止、グローブマウスピースを用いない、素手に素面のルールであった。試合当日、会場となった札幌の公共体育館、きたえーる武道場には、500を超える見物者が来場。入場制限により200名ほどが入れず、窓から観戦した。

実際の試合は1分少々で勝負が決した。開始数十秒、柳は組まれぎわ口にパンチをもらい尻餅をつき大量出血。一度は立ち、試合を続行するも、出血がひどく既に危険な状態だった。再開後は顔に連打を入れられうつ伏した。柳は歯を折り、救急車を呼ぶ騒ぎへと発展。 試合映像 - YouTubeがこの日のうちにYouTubeにアップされ、11月28日には同サイトMost Viwed(Today)の1位となった[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 上野靖之「剣道教典」
  • 綿谷雪「武芸流派大事典」
  • 枻出版「不思議エネルギーの世界」

外部リンク[編集]