柳隠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柳 隠(りゅう いん、生没年不詳)は、中国三国時代蜀漢武将は休然。蜀郡成都の人。『華陽国志』に事績が記載されている。

若いころから同郡出身の杜禎・柳伸とともに名を知られた。誠実正直な性格であり、正道に従うことを信条とし、友人との交際には常に手厚さを心がけていた。

姜維北伐に従軍し、たびたび功績を立て、その武勇と計略は三軍の筆頭であるとされた。牙門将、巴郡太守、騎都尉を歴任した後、漢中黄金囲の督に昇進した。

263年鍾会鄧艾が大軍を率いて蜀に侵攻した。陽安関の守将蔣舒が城を開いて降伏するなど戦況が悪化する中、別働隊の劉欽が黄金囲を攻撃した。柳隠は城を堅守し、劉欽はこれを落とすことができなかった。やがて魏軍は別の道から成都を攻撃し、蜀帝劉禅が降伏したため、ついに蜀漢は滅亡した。それでも柳隠は抵抗を続け、劉禅の書簡を受け取るまで城を守り抜いた。司馬昭はそれを聞き、彼が義士であると讃えたという。

264年、河東郡に移住し議郎に就き、翌年西河太守となったが、268年に病気と老齢を理由に蜀へ帰り、そこで死去した。80歳であった。

長子の柳充は連道令となり、次子の柳初は秀才に挙げられた。