柳田哲志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

柳田 哲志(やなぎた てつし、1967年9月1日-)は、テレビ宮崎アナウンサー

宮崎県佐土原町(現在の宮崎市)出身。同志社大学卒業後の1991年にテレビ宮崎へ入社。


担当番組[編集]

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

生放送中の事故・そして現場復帰[編集]

  • 2008年6月14日、「JAGAJAGA天国」での生放送中に高千穂町で行われた尻相撲のイベントに参加し、水田に用意した発泡スチロール製の土俵から落ちて頭から水田に突っ込み、頚椎骨折脊髄損傷重傷を負う。命に別状は無かったが一時全身麻痺の状態に陥った。柳田アナのブログは事故以降更新を停止していたが2009年6月8日、約1年ぶりに更新された。10か月の入院の後、2009年4月9日に車いすで一時帰宅が許され、UMK本社にも訪れた。ただし、下半身や腕の麻痺はまだ残ったままであった[1]
  • 翌年2010年8月2日付のブログでは、大分県別府市の施設で、自助具を使ったパソコン訓練・髭剃り訓練などをしていることが明かされた。
  • 2011年8月21日放送の「24時間テレビ「愛は地球を救う」」(宮崎ローカル)で、3年ぶりにテレビ出演を果たす。[2]この間リハビリ中の一環として、ITパスポート試験に合格する。
  • 2012年4月7日放送開始の「マッポス」(宮崎ローカル、JAGAJAGA天国の後番組)で、レギュラー番組復帰を果たす。

脚注[編集]

  1. ^ UMK テレビ宮崎|お知らせ|柳田アナウンサー元気に来局[リンク切れ]
  2. ^ 柳田アナのブログより。

外部リンク[編集]