柳生十兵衛死す

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柳生十兵衛死す』(やぎゅうじゅうべえしす)は、山田風太郎の時代小説。“十兵衛三部作”の3作目であり、山田風太郎が発表した最後の小説である。小説を原作として石川賢が漫画化しており、本項で併せて扱う。

概要[編集]

毎日新聞』に1991年4月1日から1992年3月25日まで連載された。連載終了後の1992年9月に毎日新聞社から単行本が発売され、その後、富士見時代小説文庫小学館文庫から文庫版が発売されている。

山田風太郎が晩年に発表した室町時代も舞台とするため“室町もの”の1冊に数えることもある。

あらすじ[編集]

慶安3年(1650年)、大和国柳生ノ庄(現在の奈良市柳生町)付近の河原で隻眼の男の斬殺死体が見つかった。柳生十兵衛のものと思われたが……十兵衛は隻眼であったが、潰れているのは左目であった。しかし、発見された十兵衛の死体は右目が潰れていた。

慶安2年(1649年)の柳生十兵衛三巌(やぎゅうじゅうべえみつよし)と能楽師金春竹阿弥と、応永14年(1407年)の柳生十兵衛満巌(やぎゅうじゅうべえみつよし、十兵衛三巌の祖先)と能楽師世阿弥とが、秘曲「世阿弥」を用いて時の流れを超え入れ替わり、由比正雪の陰謀や足利義満皇位簒奪に立ち向かう。

漫画版[編集]

石川賢の作画によって、『ビジネスジャンプ』(集英社)に2000年21号から2002年まで連載された。連載は打ち切りで終了し、単行本最終巻が発売される際に描き下ろしも加えられたが、ストーリーそのものは完結していない。

能楽曲による時空間移動というモチーフは同じだが、小説版とは大きく異なり「武士ではなく忍者が支配する江戸時代」との対立が主となっている。山田風太郎の他の小説に登場する忍者や剣客たちが登場する。

漫画版のあらすじ[編集]

慶安3年(1650年)、大和国柳生ノ庄(現在の奈良市柳生町)付近の河原で隻眼の男の斬殺死体が見つかった。柳生十兵衛のものと思われたが……十兵衛は隻眼であったが、潰れているのは左目であった。しかし、発見された十兵衛の死体は右目が潰れていた。

慶安2年(1649年)の柳生十兵衛三巌(やぎゅうじゅうべえみつよし)が能楽師金春竹阿弥の能を観ているところへ、徳川の忍軍が襲い掛かってくる。「葵の紋」ならぬ「甲賀葵の紋」(徳川葵の中央に甲の文字)を掲げる徳川家康は「もう1つの江戸時代」=「武士ではなく忍者が支配する江戸時代」から十兵衛を抹殺に来たのであった。

漫画版の主な登場人物[編集]

汚穢衆(おわいしゅう)
柳生ノ庄近郊の忍び集団。糞便などの汚物や蝿、虻といった虫などを使う。
ウマナミ
汚穢衆の1人。十兵衛に付き従って、過去の世界やもう1つの江戸時代を訪れる。
もう1つの江戸時代
徳川家康
もう1つの江戸時代世界において、本物の家康は牢につながれ自然死したと伝えられる。
もう1つの江戸時代世界で家康の名を騙っているのは、家康の双子の弟で幼児期から甲賀に引き取られ忍者として育てられた影麿であった。
徳川秀忠
二代将軍の座を家康に認めてもらうために、十兵衛を殺害すべく軍団を率いてやってくるも、返り討ちに合う。
徳川家光
将軍の座を狙う「悪童」。場合によっては父の秀忠を殺害することすら考えている。佐々木小次郎、宮本武蔵を配下として柳生ノ庄を襲うも、十兵衛に右眼を傷つけられる。破王雷覇王雷)という放電能力の忍法を持つ。
薬師寺天膳、蓑念鬼、雨夜陣五郎
もう1つの江戸時代世界の伊賀の忍者。『甲賀忍法帖』より。能力(忍術)も『甲賀忍法帖』に準じる。
剣鬼喇嘛仏長岡与五郎興秋
もう1つの江戸時代世界からの刺客。単身柳生ノ庄に乗り込んでくる。短編『剣鬼喇嘛仏』より。
佐々木小次郎宮本武蔵
もう1つの江戸時代世界では佐々木小次郎は忍者であり、忍術(含み針)を用いて巌流島での決闘に勝利している。武蔵はムサシではなくタケゾウと読ませている。
国千代
もう1つの江戸時代で生存する武士を組織してレジスタンスを組織する長。この世界では家光と双子であるため徳川忠長その人であるかどうかは不明。
天草四郎時貞宝蔵院胤舜荒木又右衛門
もう1つの江戸時代でのレジスタンスの一員。

関連作品[編集]

十兵衛三部作