柳澤純子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
柳澤順子から転送)
移動先: 案内検索

柳澤 純子(やなぎさわ じゅんこ、本名同じ[1]1964年6月8日[1]午前2時52分 - )は、日本の演歌歌手群馬県伊勢崎市出身[2]。3人姉弟の次女(姉1人、弟1人)。アップフロントクリエイト所属。血液型はA型。

略歴[編集]

成女高等学校卒業[1]1981年、日本初の「カラオケ天狗神社」の奉納祭で歌っていた所をディック・ミネに認められてこれをきっかけに芸能界入り[1]石坂まさをに師事する[1]。「昭和元禄カラオケ娘」のキャッチコピーで、「柳沢 純子」の名(読みは現在と同じ)で1983年日本コロムビアより「あなたに片思い」でデビュー。アイドル歌手全盛の中、演歌アイドルとも呼ばれていた。

以降地道に活躍するも、父親の死去や歌手活動休業など紆余曲折を経る。1999年、「柳澤 順子」(読み名同じ)に改名して中澤裕子の「純情行進曲」のカバーで歌手活動を再開し、後に「柳澤 純子」と改名した。

きょうだいは弟と妹が居る[1]

楽曲[編集]

  • 「君に届くまで…」
  • 「みんな夢の中」
  • 「お嫁小唄」
  • 「純情行進曲」
  • 「元気でいてね」
  • 「他人酒場」
  • 「夫婦旅がらす」
  • 「八幡様音頭」
  • 「冬のみちくさ」
  • 「宮崎に住みたくて」
  • 「女は待っているものなのよ」
  • 「飛べないカモメ」
  • 「命もろともあなたにあげる」
  • 「酔いごころ」
  • 「夫婦善哉し・ま・しょ」
  • 「お七 恋ものがたり」
  • 「さいはてごころ」
  • 「ふたりの港町」
  • 「あなたに片思い」

出演番組[編集]

CM・広告活動[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 週刊テレビ番組(東京ポスト)1983年11月11日号 p.36
  2. ^ 柳澤純子 公式プロフィール