柳澤美晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳澤 美晴
誕生 (1978-12-31) 1978年12月31日(41歳)
北海道旭川市
職業 歌人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 北海道教育大学旭川校卒業
ジャンル 短歌
主な受賞歴 未来賞(2006年)
短歌研究新人賞(2006年)
歌壇賞(2008年)
現代短歌新人賞(2011年)
北海道新聞短歌賞(2011年)
現代歌人協会賞(2012年)
所属 未来
テンプレートを表示

柳澤 美晴(やなぎさわ みはる、1978年12月31日 - )は、歌人北海道旭川市出身。

北海道教育大学旭川校卒業。「学校で児童がほっとできる場をつくりたい」と養護教諭を志し、臨時採用の養護教諭として札幌小樽苫前などを転々とする。その後 本採用となり、小学校の養護教諭として勤務。

大学在学中に和歌の講義に熱中し、大学4年生で作歌を始める。 2001年未来短歌会に入会。岡井隆加藤治郎に師事。 2006年に作品「モノローグ」で未来賞を受賞。同年、作品「WATERFALL」で49回短歌研究新人賞次席入選。 2008年に作品「硝子モビール」で第19回歌壇賞受賞[1]。 第一歌集『一匙(ひとさじ)の海』で2011年に第12回現代短歌新人賞および第26回北海道新聞短歌賞(当時最年少受賞)[2]を、2012年に第56回現代歌人協会賞をそれぞれ受賞[3][4][5]2020年2月より北海道新聞「日曜文芸」短歌欄選者。

樋口智子山田航らとともに、同人誌『アークレポート』を発行している札幌の短歌勉強会「アークの会」の主要メンバーの一人[6]

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]