柳澤壽男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やなぎさわ ひさお
柳澤 壽男
生年月日 (1916-02-24) 1916年2月24日
没年月日 (1999-06-16) 1999年6月16日(83歳没)
出生地 日本の旗 日本 群馬県佐波郡玉村町
職業 映画監督
ジャンル 映画

柳澤 壽男(やなぎさわ ひさお、1916年2月24日 - 1999年6月16日)は、日本映画監督である。

経歴[編集]

1916年、群馬県佐波郡玉村町に生まれる[1]

松竹下加茂撮影所にて、大曽根辰夫犬塚稔の助監督を務めた[1]亀井文夫監督の『小林一茶』を見て、ドキュメンタリー映画への道を志すことになり、1942年に松竹を退社した[1]。1943年から1950年までのあいだ、日本映画社にて、『富士山頂観測所』などの作品を手がけた[1]。1953年に岩波映画製作所と契約し、『新風土記 北陸』や『室町美術』などの文化映画を手がけた[1]。1960年代半ばに岩波との契約を解消したのち、自主製作のドキュメンタリー映画に転身し、『夜明け前の子供たち』や『風とゆききし』などを手がけた[1]

1999年6月16日、83歳にて死去[2]

フィルモグラフィー[編集]

長編映画[編集]

  • 夜明け前の子供たち(1968年)
  • ぼくのなかの夜と朝(1971年)
  • 甘えることは許されない(1975年)
  • そっちゃないこっちゃ コミュニティ・ケアーへの道(1982年)
  • 風とゆききし(1989年)

短編映画[編集]

  • 東京裁判 第三集 真珠湾奇襲(1946年)
  • 炭坑(1947年)
  • 富士山頂観測所(1948年)
  • 若い村(1948年)
  • 海に生きる 遠洋底曳漁船の記録(1949年)
  • 飛騨のかな山(1949年)
  • 私たちの新聞(1950年)
  • キャメラ探訪 都会の裏側(1950年)
  • わがふるさとの町(1952年)
  • 産業と電力(1953年)
  • 新風土記 北陸(1953年)
  • 室町美術(1954年)
  • ビール誕生(1954年)
  • 野を越え山を越え(1955年)
  • 東海の民芸を訪ねて 第一部(1958年)
  • どこかで春が(1958年)
  • おばあさん学級(1959年)
  • 漁網(1959年)
  • 神戸っ子(1960年)
  • 小さな町の小さな物語(1960年)
  • ぷらすちっく(1961年)
  • ロダン(1962年)
  • 東レパイレン(1963年)
  • 車大工(1976年)
  • 古典雅楽器 雲の上の音がたちのぼる(1977年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 講演「柳沢寿男 福祉ドキュメンタリー作品特集」”. アテネ・フランセ文化センター (2012年). 2018年1月1日閲覧。
  2. ^ プログラム”. 神戸映画資料館 (2009年9月). 2018年1月1日閲覧。

関連文献[編集]

  • 『そっちやない、こっちや 映画監督・柳澤壽男の世界』 岡田秀則・浦辻宏昌、新宿書房、2018年ISBN 978-4-88008-473-2

外部リンク[編集]