柳澤嘉一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柳澤 嘉一郎(やなぎさわ かいちろう、1931年4月3日[1]- )は、長野県諏訪市出身の生命科学者、筑波大学名誉教授。妻は柳澤桂子

略歴[編集]

長野県諏訪清陵高等学校卒業、東北大学理学部卒業、コロンビア大学大学院修了、1970年東北大学理学博士ブランダイス大学スローン・ケタリング癌研究所、都立アイソトープ研究所遺伝研究室、東京教育大学教授、1976年筑波大学教授、95年定年退官、名誉教授。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『遺伝子の科学』丸善 1985
  • 『ヒトという生きもの』草思社、2003年
  • 『利他的な遺伝子 ヒトにモラルはあるか』筑摩選書 2011
共著

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『文化人名簿』第25版

関連項目[編集]