柳沢正史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

柳沢 正史(やなぎさわ まさし、1960年5月25日 - )は、日本医学者医師筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構長・教授医学博士(筑波大学、1988年)。内皮由来血管収縮因子「エンドセリン」と、睡眠覚醒を制御する神経伝達物質オレキシン」の発見者[1][2][3]。座右の銘は「真実は仮説より奇なり」、「良い問いを見出すことは、問いを解くことより難しい」[4]東京都練馬区出身。

人物[編集]

私立武蔵中学校・高校卒業。筑波大学医学専門学群・大学院医学研究科博士課程修了。31歳で渡米し、テキサス大学サウスウェスタン医学センター教授とハワードヒューズ医学研究所研究員を2014年まで24年にわたって併任。2010年に内閣府最先端研究開発支援プログラム(FIRST)に採択されたことを受けて、筑波大学に研究室を併設。2012年より文部科学省世界トップレベル研究拠点プログラム 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)機構長・教授、現在に至る。米国科学アカデミー正会員[5]

米国睡眠学会Outstanding Scientific Achievement Award(2006年)、米国生理学会 The Walter B. Cannon記念講演(2015年)、紫綬褒章(2016年)ベルツ賞(2017年)、朝日賞(2018年)など受賞多数。趣味はフルート演奏とクラシック音楽。キリスト教徒(筑波バプテスト教会 教会員)。

幼少期〜学生時代[編集]

母親によると、小学校の1年生のときから将来研究者になりたいと言っていたそう。当時から観察が好きで、近所のきれいな小川に行って、水がどのように流れ、渦をまくのか1時間ぐらいじっと観察していたというエピソードも[6]

臨床医で電気生理学の研究をしていた父親のアドバイスで、これからは生物学、特に分子生物学が面白くなること、また医学部に行けば人間の生物学について網羅的に学べる機会が与えられることを知り、1979年医学部に進学[7]

医学部卒業時、「今日の患者ではなく、明後日の患者を治したい」と考え、研究者として基礎研究に専念することを決意[6]

研究者の道へ[編集]

1985年筑波大学医学専門学群卒業と同時に、同大学院医学研究科博士課程へ入学し、筋肉の生化学を研究していた眞崎知生教授に師事。分子生物学の技術を習得するため、岡崎の基礎生物学研究所へ1年間国内留学していた[7]

1987年、それまで従事していた筋肉の収縮タンパク質の分子生物学とは別に、自身のアイデアで血管内皮由来の血管収縮物質を探索するプロジェクトを立ち上げた。その成果を、内皮由来血管収縮因子エンドセリンとして1988年にNature誌に報告[1]。この論文は現在までに1万回以上引用されている。1988年筑波大学大学院修了、医学博士。博士論文は「エンドセリンの発見」。この発見により多くの製薬会社がエンドセリン受容体拮抗薬の開発に着手。2001年にはアメリカで[8]、2005年には日本で[9]エンドセリン受容体拮抗薬ボセンタンが肺動脈性高血圧症の治療薬として承認されている。また同種の治療薬としてアンブリセンタン(承認日:米国2007年[10]、日本2010年[11])やマシテンタン(承認日:米国2013年[12]、日本2015年[13])も承認されている。

1989年筑波大学基礎医学系講師に就任。主任教授の眞崎知生の異動に伴い、1991年京都大学医学部講師に就任[14]

アメリカでの研究生活[編集]

1991年、ノーベル生理学・医学賞受賞者のジョセフ・ゴールドスタイン(Joseph Goldstein)マイケル・ブラウン(Michael Brown)両テキサス大学医学部教授からスカウトされ、テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンター准教授及びハワード・ヒューズ医学研究所准研究員に就任[7]。ダラスに移住し、その後米国籍を取得している。

当時のフロアの両隣は、その後ノーベル賞受賞者となるトーマス・スードフ(Thomas Südhof)ブルース・ボイトラー(Bruce Beutler)の研究室だった[7]

1994年、エンドセリンあるいはエンドセリン受容体遺伝子の変異が神経堤由来組織の発生異常をもたらし、ヒルシュスプルング病の原因となることを突きとめた[15][16]

1998年、テキサス大学の柳沢研究室に留学していた櫻井武とともに、オーファン受容体の内因性リガンドとして新規神経伝達物質オレキシンを発見[2]。その産生細胞が食欲や体重調節に関与する視床下部外側野にのみ存在し、オレキシンの急性中枢投与で摂食行動が促進されること、絶食後にはオレキシン産生が増加することが分かり、古代ギリシャ語で「食欲」を意味するorexisに因んでオレキシンと命名。ところが、マウスのオレキシン遺伝子を欠損させても、食欲減退や体重減少は見られなかった。長期の奮闘の末、マウスが夜行性であることから、夜間の行動を赤外線カメラで観察することを思いつく。その結果、活動していたマウスが突然動かなくなる症状に気づき、これがヒトの睡眠障害ナルコレプシーの症状と酷似していることを突き止め、オレキシンが睡眠覚醒を制御しているという発見に至った。

2000年には、スタンフォード大学西野精治とエマニュエル・ミニョー(Emmanuel Mignot)が、ヒトのナルコレプシーもオレキシンの欠乏によって起こることを報告した[17]

その後2014年には、米国メルク株式会社不眠症治療薬として開発したオレキシン受容体拮抗薬スボレキサントが承認された[18][19]。2017年、柳沢は創薬化学者である長瀬博との共同研究でオレキシン受容体作動薬YNT-185を創出し、YNT-185がナルコレプシーの病因治療薬として有効であることをマウスにおいて示した[20]

アメリカから日本へ[編集]

2001年科学技術振興事業団戦略的創造研究推進事業(ERATO)「柳沢オーファン受容体プロジェクト」総括責任者に就任、お台場の日本科学未来館にラボを構え、日米を往復して研究を行う(2007年まで)。

2010年度からは、内閣府の最先端研究開発支援プログラム(FIRST)に採択され18億円の研究費を獲得、日本の母校筑波大学にラボを併設し、教授を兼任。さらに2012年、文部科学省世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)に採択され、新設された筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構長に就任。

同時期に、ランダムに突然変異を入れた数千匹のマウスから睡眠・覚醒に異常のある個体を探索するという大規模なプロジェクトをスタートさせた。

睡眠覚醒のメカニズムについては未解明の部分が多いことから、仮説を立てずに表現型をスクリーニングする「フォワード・ジェネティクス」という手法を用いて探索研究を行う。ノンレム睡眠時間と睡眠要求が大幅に増加するスリーピー(Sleepy)変異家系と、レム睡眠が著しく減少するドリームレス(Dreamless)変異家系を樹立することに成功し、2016年にはスリーピーにSik3遺伝子変異を、ドリームレスに Nalcn遺伝子変異を報告した。この6年越しの研究により、睡眠・覚醒制御に重要な全く新しいメカニズムに迫る2つの遺伝子を見出した[21]

2018年1月、「オレキシンの発見と睡眠・覚醒に関する研究」で2017年度朝日賞を受賞。式典のスピーチでは「科学の仮説とは、しょせん人間が小さな頭脳で考えたストーリーにすぎません。目の前のデータがすべてで、自分の仮説をその上に置くことは許されないことなのです」と語った[4]

2018年6月13日、柳沢のチームの研究により、マウスの実験で脳内の80種類のタンパク質の働きが活性化することで眠気が誘発されることが発見されたとネイチャー電子版に発表された。柳沢らはタンパク質が睡眠を促すことで神経を休息させ、機能の回復につながるという見方を示し、睡眠障害の治療法開発につながる可能性を指摘した。[22][23]

趣味[編集]

小学校6年よりフルートを習い、それ以来フルート演奏やクラシック音楽が趣味。

小学生のときにピアノも習っていたが、真面目に練習しなかったため演奏の腕は全く上がらず。しかしピアノ教室の先生は世界的ピアニスト海老彰子の母親であった。中学校・高校の音楽の授業ではオーケストラ総譜を読みながら交響曲を聴くなどのクラシックオタク教育を受けた[6]

2017年、第15回エンドセリン国際会議では、プラハのトロヤ城にて、プラハ音楽院の教員・学生らと共にバッハブランデンブルグ協奏曲第5番全曲をサプライズ演奏した。

筑波バプテスト教会の日曜礼拝では、毎週フルートによる賛美歌伴奏を担当している。

略歴[編集]

  • 1979年  武蔵高等学校卒業、筑波大学医学専門学群入学
  • 1984年  オーストラリアニューカッスル大学短期留学
  • 1985年  筑波大学医学専門学群卒業、同大大学院進学、岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所派遣(1986年まで)
  • 1988年  筑波大学大学院医学研究科 博士課程修了(医学博士)
  • 1989年  筑波大学基礎医学系薬理学 講師
  • 1991年  京都大学医学部第一薬理学 講師
  • 1991年  テキサス大学サウスウェスタン医学センター 准教授 兼 ハワードヒューズ医学研究所 准研究員
  • 1996年  同大学 教授 兼 同研究所 研究員 (2014年3月まで)
  • 1998年  The Patrick E. Haggerty Distinguished Chair in Basic Biomedical Science, UTSW
  • 2001年  JST/ERATO「柳沢オーファン受容体プロジェクト」総括責任者(2007年3月まで)
  • 2010年  内閣府 最先端研究開発支援プログラム(FIRST)中心研究者(2014年3月まで)、 筑波大学 教授兼任
  • 2012年  文部科学省 世界トップレベル研究拠点プログラム 国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)機構長
  • 2014年  テキサス大学サウスウェスタン医学センター 客員教授

受賞歴等[編集]

  • 1990年  茨城県科学技術振興財団 つくば賞[24]
  • 1997年  Robert J. and Claire Pasarow財団 Medical Research Award
  • 1998年  国際腎臓学会 The Donald Seldin Award
  • 1998年  米国薬理学会 The J. J. Abel Award[25]
  • 1998年  米国心臓学会 The Novartis Award
  • 1998年  The Kilby Awards 財団 The Kilby Award
  • 1999年  米国生化学・分子生物学会 The Amgen Award
  • 2000年  ブレインサイエンス振興財団 塚原仲晃記念賞[26]
  • 2000年  東京テクノフォーラム21 ゴールドメダル賞[27]
  • 2001年  ノボノルディスク財団 The Jacobæus Award[28]
  • 2003年  米国科学アカデミー正会員に選出[5]
  • 2003年  Bristol-Myers Squibb Achievement Award in Cardiovascular Research[29]
  • 2006年  米国睡眠学会 Outstanding Scientific Achievement Award[30]
  • 2012年  The Ulf von Euler Lecture, Karolinska Institutet[31]
  • 2013年  日本心血管内分泌代謝学会 高峰譲吉賞[32]
  • 2015年  米国生理学会 The Walter B. Cannon記念賞[33]
  • 2016年  紫綬褒章受章[34]
  • 2016年  認定NPO法人日本ホルモンステーション 松尾賞[35]
  • 2017年  ベーリンガーインゲルハイム社 エルウィン・フォン・ベルツ賞[36]
  • 2018年  2017年度朝日賞[37]
  • 2018年  第23回慶應医学賞[38]

出典[編集]

  1. ^ a b Yanagisawa, Masashi; Kurihara, Hiroki; Kimura, Sadao; Tomobe, Yoko; Kobayashi, Mieko; Mitsui, Youji; Yazaki, Yoshio; Goto, Katsutoshi et al. (1988年3月). “A novel potent vasoconstrictor peptide produced by vascular endothelial cells” (英語). Nature 332 (6163): 411–415. doi:10.1038/332411a0. ISSN 0028-0836. http://www.nature.com/articles/332411a0. 
  2. ^ a b Sakurai, T.; Amemiya, A.; Ishii, M.; Matsuzaki, I.; Chemelli, R. M.; Tanaka, H.; Williams, S. C.; Richardson, J. A. et al. (1998年2月20日). “Orexins and orexin receptors: a family of hypothalamic neuropeptides and G protein-coupled receptors that regulate feeding behavior”. Cell 92 (4): 573–585. ISSN 0092-8674. PMID 9491897. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9491897. 
  3. ^ Chemelli, R. M.; Willie, J. T.; Sinton, C. M.; Elmquist, J. K.; Scammell, T.; Lee, C.; Richardson, J. A.; Williams, S. C. et al. (1999年8月20日). “Narcolepsy in orexin knockout mice: molecular genetics of sleep regulation”. Cell 98 (4): 437–451. ISSN 0092-8674. PMID 10481909. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10481909. 
  4. ^ a b 筑波大学|お知らせ・情報|ニュース|柳沢正史教授が2017年度朝日賞を受賞” (日本語). www.tsukuba.ac.jp. 2018年5月9日閲覧。
  5. ^ a b http://www.nasonline.org, National Academy of Sciences -. “Masashi Yanagisawa”. www.nasonline.org. 2018年5月9日閲覧。
  6. ^ a b c “柳沢 正史 | メンバー紹介 | IIIS 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構” (日本語). IIIS 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構. https://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/japanese/research/member/detail/masashiyanagisawa/ 2018年5月9日閲覧。 
  7. ^ a b c d 「私」とNature — 柳沢 正史氏:“ねむけ”の謎を解明したい | Nature 著者インタビュー | Nature | Nature Research” (日本語). www.natureasia.com. 2018年5月9日閲覧。
  8. ^ Drug Approval Package”. www.accessdata.fda.gov. 2018年5月9日閲覧。
  9. ^ KEGG DRUG: ボセンタン”. www.kegg.jp. 2018年5月9日閲覧。
  10. ^ Drug Approval Package”. www.accessdata.fda.gov. 2018年5月9日閲覧。
  11. ^ KEGG DRUG: アンブリセンタン”. www.genome.jp. 2018年5月9日閲覧。
  12. ^ Drugs@FDA: FDA Approved Drug Products”. www.accessdata.fda.gov. 2018年5月9日閲覧。
  13. ^ KEGG DRUG: マシテンタン”. www.genome.jp. 2018年5月9日閲覧。
  14. ^ About_MY” (日本語). sleepymouse.jp. 2018年5月9日閲覧。
  15. ^ Hosoda, K.; Hammer, R. E.; Richardson, J. A.; Baynash, A. G.; Cheung, J. C.; Giaid, A.; Yanagisawa, M. (1994年12月30日). “Targeted and natural (piebald-lethal) mutations of endothelin-B receptor gene produce megacolon associated with spotted coat color in mice”. Cell 79 (7): 1267–1276. ISSN 0092-8674. PMID 8001159. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8001159. 
  16. ^ Baynash, A. G.; Hosoda, K.; Giaid, A.; Richardson, J. A.; Emoto, N.; Hammer, R. E.; Yanagisawa, M. (1994年12月30日). “Interaction of endothelin-3 with endothelin-B receptor is essential for development of epidermal melanocytes and enteric neurons”. Cell 79 (7): 1277–1285. ISSN 0092-8674. PMID 8001160. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8001160. 
  17. ^ Nishino, Seiji; Ripley, Beth; Overeem, Sebastiaan; Lammers, Gert Jan; Mignot, Emmanuel (2000年1月). “Hypocretin (orexin) deficiency in human narcolepsy”. The Lancet 355 (9197): 39–40. doi:10.1016/s0140-6736(99)05582-8. ISSN 0140-6736. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0140673699055828. 
  18. ^ Drugs@FDA: FDA Approved Drug Products”. www.accessdata.fda.gov. 2018年5月9日閲覧。
  19. ^ KEGG DRUG: スボレキサント”. www.genome.jp. 2018年5月9日閲覧。
  20. ^ Irukayama-Tomobe, Yoko; Ogawa, Yasuhiro; Tominaga, Hiromu; Ishikawa, Yukiko; Hosokawa, Naoto; Ambai, Shinobu; Kawabe, Yuki; Uchida, Shuntaro et al. (2017年5月30日). “Nonpeptide orexin type-2 receptor agonist ameliorates narcolepsy-cataplexy symptoms in mouse models”. Proceedings of the National Academy of Sciences 114 (22): 5731–5736. doi:10.1073/pnas.1700499114. PMC PMC5465922. PMID 28507129. http://www.pnas.org/lookup/doi/10.1073/pnas.1700499114. 
  21. ^ Funato, Hiromasa; Miyoshi, Chika; Fujiyama, Tomoyuki; Kanda, Takeshi; Sato, Makito; Wang, Zhiqiang; Ma, Jing; Nakane, Shin et al. (2016年11月). “Forward-genetics analysis of sleep in randomly mutagenized mice” (英語). Nature 539 (7629): 378–383. doi:10.1038/nature20142. ISSN 0028-0836. http://www.nature.com/articles/nature20142. 
  22. ^ 一般社団法人共同通信社 - 眠気の正体は脳内タンパク 筑波大チームが発表(2018/6/14 02:01)”. 2018年6月26日閲覧。
  23. ^ Sankeibiz - 眠気の“正体”は脳内タンパク 筑波大チームが発表 2018.6.26 05:55”. 2018年6月26日閲覧。
  24. ^ “つくば賞歴代受賞者一覧” (日本語). 一般財団法人 茨城県科学技術振興財団|筑波研究学園都市:茨城県つくば市. https://www.i-step.org/prize/tsukuba/tsukuba_laureates.html 2018年5月9日閲覧。 
  25. ^ ASPET | John J. Abel Award” (英語). www.aspet.org. 2018年5月9日閲覧。
  26. ^ ブレインサイエンス振興財団 - 塚原仲晃記念賞受賞者および研究テーマ” (日本語). www.bs-f.jp. 2018年5月9日閲覧。
  27. ^ ゴールド・メダル賞受賞者一覧:会社案内サイト「読売新聞へようこそ」” (日本語). 読売新聞社の会社案内サイト「読売新聞へようこそ」. 2018年5月9日閲覧。
  28. ^ The Jacobæus Prize | Novo Nordisk Fonden”. novonordiskfonden.dk. 2018年5月9日閲覧。
  29. ^ Wayback Machine” (2012年11月14日). 2018年5月9日閲覧。
  30. ^ Outstanding Scientific Achievement Award - SRS Awards” (英語). www.sleepresearchsociety.org. 2018年5月9日閲覧。
  31. ^ The Ulf von Euler lecture” (英語). ki.se. 2018年5月9日閲覧。
  32. ^ 受賞者一覧|日本心血管内分泌代謝学会”. square.umin.ac.jp. 2018年5月9日閲覧。
  33. ^ American Physiological Society > EB 2015 Distinguished Lectures” (英語). www.the-aps.org. 2018年5月9日閲覧。
  34. ^ 筑波大学|お知らせ・情報|ニュース|柳沢正史教授(国際統合睡眠医科学研究機構)が紫綬褒章を受章” (日本語). www.tsukuba.ac.jp. 2018年5月9日閲覧。
  35. ^ 事務局からのお知らせ|日本ホルモンステーション”. www.npo-hsj.jp. 2018年5月9日閲覧。
  36. ^ “第54回(2017年度)ベルツ賞受賞論文 睡眠の機構とその障害” (日本語). boehringer-ingelheim.jp. https://www.boehringer-ingelheim.jp/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%84%E8%B3%9E/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE%E5%8F%97%E8%B3%9E%E8%AB%96%E6%96%87/%E7%AC%AC54%E5%9B%9E%EF%BC%882017%E5%B9%B4%E5%BA%A6%EF%BC%89%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%84%E8%B3%9E%E5%8F%97%E8%B3%9E%E8%AB%96%E6%96%87%E3%80%80%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%81%AE%E6%A9%9F%E6%A7%8B%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E9%9A%9C%E5%AE%B3 2018年5月9日閲覧。 
  37. ^ Company, The Asahi Shimbun. “朝日新聞社 -朝日賞- The Asahi Prize -” (日本語). www.asahi.com. 2018年5月9日閲覧。
  38. ^ 第23回慶應医学賞受賞者決定” (日本語). 慶應義塾大学. 2018年9月13日閲覧。