柳沢哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「栁澤哲」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字(栁)が含まれています(詳細)。

栁澤 哲(やなぎさわ さとし、1971年1月19日 - )は、日本の陸上競技選手、指導者。現在は山梨学院大学陸上競技部コーチ。

専門は競歩。男子15km競歩、男子20km競歩の元日本記録保持者である。シドニーオリンピック代表。長野県中野市出身。山梨学院大学卒業。綜合警備保障に所属した。

経歴[編集]

ジュニア・学生時代から日本のトップ選手として活躍。

1994年1995年と男子20km競歩で日本記録を樹立。1995年1999年IAAFワールドカップ競歩に出場。

1996年には1月日本選手権男子20km競歩を制したが、アトランタオリンピック最終選考会となった同年4月全日本競歩輪島大会男子20km競歩で終盤トップを進んでいたものの、残り2km地点で無念の失格。アトランタオリンピック男子20km競歩は池島大介のみが選ばれたため代表入りできなかった。

その後しばらく低迷していたが、2000年1月の日本選手権男子20km競歩で日本記録で優勝(この記録は2013年、同大会にて鈴木雄介に破られるまで13年間保持した)。同年のシドニーオリンピック出場を果たす(シドニーオリンピックの途中計時で10km競歩の当時の日本記録を打ち立てた)。

2001年世界陸上選手権で男子20km競歩では終盤まで先頭集団に混じり、この種目日本選手初となる7位入賞の快挙を成し遂げた。その後も2002年アジア競技大会男子20km競歩銅メダルなど、トップ選手として活躍していたが、谷井孝行山崎勇喜の台頭により、後進に道を譲る形で第一線を退いた。

現在は東京大学生涯スポーツセンターに勤務しながら、会社の後輩でもあった明石顕の専任コーチと母校山梨学院大学の陸上競技部競歩部門コーチを務めている。2007年世界陸上選手権の中継では競歩種目のコース上解説者、2011年世界陸上競技選手権2012年ロンドンオリンピック2013年世界陸上競技選手権大会の中継でも競歩種目の解説者を務めた。2011年10月からはTOTO助成「若手スポーツ指導者長期在外研修事業」によりオーストラリアにコーチ留学している。[1]

また、2000年赤坂5丁目ミニマラソンにもゲストで参加。間寛平ら芸能人ランナーたちを寄せ付けなかった(5位)。

自己記録[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]