柳沢京子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柳沢 京子(やなぎさわ きょうこ、1944年 - )は、日本の切り絵作家。長野県北佐久郡(現・佐久市)生まれ。

独自の切り絵創作で、日本はもとより、ドイツ各地、ニューヨークなど個展多数。長野県を本来の美しい風土にしたい、と情熱を燃やし続ける。「ふるさと研究所」を特定非営利活動法人として発足。長野県のグランドデザインを描き、興す活動は、切り絵創りにも通ずる潔さがある。

経歴[編集]

主な著作[編集]

主な作品[編集]

  • 「一茶かるた」(1977)
  • 「善光寺かるた」(1978)
  • 「信州の四季」(1981)
  • ステンドグラス・ダルベドール「実りの輪」(1986)
  • 金属レリーフ「昭和道祖神」(1988)
  • コテアート「中山晋平童話より」(1988)
  • 越前麻紙大型作品「流域有情」(1989)
  • 金属レリーフ「木曽の大名行列」(1989)
  • 郵政省「ふるさと」切手長野版「お猿の温泉」(1989)
  • 金属レリーフ「でいらんぼう」(1990)
  • 金属レリーフ「奈良井宿」(1990)
  • 屏風安曇野風の声」(1991)
  • 陶板「雪椿」(1991)
  • モニュメント「雪のぬくもり」(1991)
  • ステンドグラス「KARUIZAWA SEA THROUGH」(1992)
  • 陶板「愛悠久」(1992)
  • コテアート「塩の道」(1992)
  • 金属レリーフ「善光寺道」(1992)
  • レリーフ「こどもだワルツだ」(1993)