柳家緑也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
柳家やなぎや 緑也ろくや
柳家(やなぎや) 緑也(ろくや)
柳家緑君定紋「剣かたばみ」
本名 吉田よしだ 隆之たかゆき
生年月日 (1990-02-05) 1990年2月5日(32歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
師匠 柳家花緑
名跡 1. 柳家緑君
(2007年 - 2021年)
2. 柳家緑也
(2021年 - )
出囃子 待てというなら
活動期間 2006年 -
所属 落語協会
公式サイト 柳家緑也

柳家 緑也(やなぎや ろくや、1990年2月5日 - )は、落語協会に所属する落語家愛知県名古屋市港区出身。落語界初の平成生まれの噺家である[要出典]。本名∶吉田 隆之

来歴[編集]

2006年愛知県立高校を中退後、柳家花緑に入門。2007年4月11日、前座となる。前座名は「緑君」。

2010年9月1日柳家花いちと二ツ目と共に昇進。

2021年9月下席より古今亭志ん雀柳家さん花柳家花いちと共に真打昇進、「緑也」に改名[1][2]。「緑也」の名は緑也本人が歌舞伎ファンであるため六代目尾上松助の旧名「尾上緑也」から貰った。名乗る際は花緑が松助の息子尾上松也に電話をかけ許可を取ったという。

芸歴[編集]

人物[編集]

  • ジブリが大好き。
  • 歌舞伎マニア、自らも鹿芝居にも出演している。
  • 落語家を追いかけるドキュメンタリーに偶然出演する。
  • 平成生まれ初の落語家。
  • 瀧川鯉斗瀧川鯉八を本人の目の前で間違えた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 令和3年 秋 真打昇進決定 - 一般社団法人 落語協会 2020年10月21日
  2. ^ 令和3年 秋 真打昇進披露興行”. 一般社団法人 落語協会 (2021年6月8日). 2021年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]