柳家一九

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳家 一九やなぎや いっく
本名 西本 裕
生年月日 (1957-02-21) 1957年2月21日(61歳)
出身地 日本の旗 日本石川県金沢市
師匠 3代目柳家小満ん
名跡 1. 柳家小まめ(1980年 - 1983年)
2. 柳家小満女(1983年 - 1995年)
3. 柳家一九(1995年 - )
出囃子 祇園小唄
公式サイト 落語協会

柳家 一九(やなぎや いっく(1957年2月21日- ))は落語協会所属の落語家。本名は西本裕(にしもと ゆたか)。石川県金沢市出身。東海大学工学部通信工学課卒業(山下泰裕と同期)。出囃子は祇園小唄。幼少時代はかほく市(旧宇ノ気町)で過ごした。

真打名、「一九」は出身地金沢にあった寄席「一九亭」にちなむ。字や絵が得意。落語絵手紙のデザインも手がける。趣味はゴルフ、川柳(安部川川柳句会会員)、絵手紙さくら会会員。特技は南京玉すだれ。

経歴[編集]

  • 1979年- 日本テレビ主催「全日本学生落語選手権」で最優秀技能賞を受賞。高座名は「頭下位亭獅子頭」(とうかいてい ししがしら)
  • 1980年- 2月、3代目柳家小満んに入門、前座名「小まめ」
  • 1983年- 4月、二ツ目に昇進し「小満女(こまめ)」と改名
  • 1995年- 3月、真打昇進し初代「柳家一九」を襲名。

外部リンク[編集]