柳原三佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳原 三佳
やなぎはら みか
誕生 1963年????
京都府京都市
職業 ジャーナリスト
ノンフィクション作家
国籍 日本の旗 日本
公式サイト https://www.mika-y.com/
テンプレートを表示

柳原 三佳(やなぎはら みか、1963年 - )は、日本ジャーナリストノンフィクション作家。

来歴[編集]

京都市出身[1]

本人の執筆した文章によると、高校時代に原動機付自転車免許を取得して17歳のときにスクーターに乗り始め、18歳で中型自動二輪車免許を取得、日本国内をツーリングした[2]

京都時代に知り合ったバイク店員の男性と1985年に結婚[2][3]。上京して、1986年からオートバイ雑誌の編集者となる[2][3]。1989年にフリーライターとして独立[4]

その後、交通事故や司法を主なテーマとして執筆活動をおこなっている[1]厚生労働省が2014年から2015年に設置した「医療事故調査制度の施行に係る検討会[5]」のメンバーも務めた[6]

主な著書[編集]

  • 『これでいいのか自動車保険』朝日新聞社、1998年
  • 『「交通事故」のウソ』宝島社<宝島新書>、2000年
  • 『交通事故鑑定人 - 鑑定歴五〇年・駒沢幹也の事件ファイル』角川書店<角川oneテーマ21>、2002年
  • 『交通事故被害者は二度泣かされる』リベルタ出版、2005年
  • 『死因究明 - 葬られた真実』講談社、2005年
  • 『焼かれる前に語れ - 司法解剖医が聴いた、哀しき「遺体の声」』WAVE出版、2007年
  • 『自動車保険の落とし穴』朝日新聞出版<朝日新書>、2008年
  • 『巻子の言霊 愛と命を紡いだ、ある夫婦の物語』講談社<現代プレミアブック>、2010年
  • 『遺品 - あなたを失った代わりに』晶文社、2011年
  • 『家族のもとへ、あなたを帰す』WAVE出版、2012年
  • 『開成をつくった男、佐野鼎』講談社、2018年
  • 『私は虐待していない 検証 揺さぶられっ子症候群』講談社、2019年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b プロフィール - 柳原三佳ウェブサイト
  2. ^ a b c 柳原三佳 (2017年8月23日). “バイク販売台数が9分の1に激減! (バイク歴ウン十年の)私が思うこと”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/yanagiharamika/20170823-00074828/ 2019年8月25日閲覧。 
  3. ^ a b 柳原三佳「■オイルに汚れた大きな手は私の黄色いハンカチ■」 - 『ミスターバイク』1987年8月号
  4. ^ 嬉し恥ずかし私の初原稿は - 柳原三佳「ジャーナリスト eye's」WEB Mr.BIKE(2011年9月1日)
  5. ^ 医療事故調査制度の施行に係る検討会 - 厚生労働省
  6. ^ 医療事故調査制度の施行に係る検討会 構成員名簿 (PDF) - 厚生労働省

外部リンク[編集]