柚木秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
柚木 秀夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県南埼玉郡太田村(現:久喜市
生年月日 (1951-12-18) 1951年12月18日(66歳)
身長
体重
175 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1970年 ドラフト外
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

柚木 秀夫(ゆき ひでお、1951年12月18日 - )は、埼玉県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

中学時代から投手として活躍。中学時代の実績を評価して誘いのあった前橋工業高に進学する。高校時代は1968年、2年の時に控え投手として夏の甲子園に出場。2回戦(初戦)で智辯学園高に敗退するが、リリーフ投手として登板した。3年の夏は北関東大会準決勝に進出するが、宇都宮学園高に敗れる。高校同期に佐野仙好三塁手片貝義明捕手がいた。

高校卒業後は、社会人野球電電東京に入団。スリークォーターからのストレートに威力があり、コントロールもよかったことから、南海ホークスがスカウトし1970年オフにドラフト外で入団した。

しかし、プロ入り後は芽が出ず、ファームでも出番がないまま1974年戦力外となった。同年オフに、読売ジャイアンツの入団テストを受け移籍。

登録は選手だったが、実質は打撃投手であった。その後、貴重な左腕の打撃投手としてチームを裏から支えていたが、1987年オフに現役を引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 59 (1971年 - 1974年)
  • 69 (1975年 - 1976年)
  • 89 (1977年 - 1979年)
  • 93 (1980年 - 1987年)
  • 114 (1989年 - 1990年)

関連項目[編集]