染谷一雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

染谷一雄(そめたに かずお、1912年大正元年)9月19日 - 1980年昭和55年)11月30日)は、日本囲碁棋士滋賀県出身、久保松勝喜代名誉九段門下、日本棋院関西総本部所属、九段。第4期本因坊戦最終予選ベスト4など。重厚で力戦型の棋風。

経歴[編集]

千葉県柏市に生まれる。父は京都から無医村の永源寺町に派遣され、村民のたっての願いにて住み着いていた医師で、囲碁好きだった。9歳の時に片足が不自由になったため、父は体が不自由でも成功できる道のある囲碁を熱心に教えるようになった。京都で腕を磨き、1926年に久保松勝喜代に入門。1927年初段。1932年[大手合]春期乙組優勝、三段。1939年四段。その後も1941年まで内弟子を続け、久保松門の塾頭格として後輩を指導した。

1943年五段。1946年の第4期本因坊戦で、一次予選トーナメントでは[光原伊太郎]、[鍋島一郎]、[加藤信]に勝って勝抜き、挑戦者決定トーナメントでは1回戦で[高川格]に勝つが、準決勝で[木谷實]に敗れた。

1949年六段。1950年の日本棋院と関西棋院の東西対抗戦では[林有太郎]に敗れる。その後の関西棋院独立においては日本棋院との協調派側となり、新設された日本棋院関西総本部に所属する。1953年七段。1963、64年に[沖縄]へ囲碁指導。1972年八段。1979年引退、贈九段。1980年に[大阪市]の[大阪市立十三市民病院|十三市民病院]で死去。

参考文献[編集]

  • 坂田栄男『囲碁百年 3 実力主義の時代』平凡社 1969年
  • 『現代囲碁大系 4 昭和名棋士集二』講談社 1981年
  • 『囲碁年鑑』日本棋院