柏木昭男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かしわぎ あきお
柏木 昭男
生誕 1937年
日本の旗 日本 山梨県
死没 1992年1月3日
日本の旗 日本 山梨県
職業 不動産業


柏木 昭男(かしわぎ あきお、1937年 - 1992年1月3日)は「The Warrior(戦士)」又は「Whale(鯨)[1]」の呼び名で知られる、東京に拠点を置いた不動産投資家である。彼はラスベガスアトランティックシティカジノにて莫大な金銭をギャンブルに費やしたことで知られている。

来歴[編集]

1937年山梨県富士吉田市で、宮大工である父の下に生まれる。中学卒業後は農業富士山強力などの職業に就いたのち、1969年に不動産業・貸金業の「柏木商事」を設立する。[2]その経営手法は強引かつ暴力的なものであり、周囲の評判は決して良くなかった。[3]

ギャンブル[編集]

柏木がカジノに通い始めたのは1970年代後半からと言われている。

1990年1月ダーウィンのカジノにおいて、バカラで約29億円を稼ぎ、ギャンブル界でも一躍有名な存在となった。[2]

柏木は自らの財政状態について秘密主義を貫いていたので、カジノ関係者の信用調査においては彼の職業は「ビジネス」とされていた。

ドナルド・トランプとの対決[編集]

1990年2月、柏木はドナルド・トランプの誘いを受け、アトランティックシティトランププラザホテルアンドカジノ英語: Trump Plaza Hotel and Casinoにてバカラのテーブルにつき、600万ドルの収益を得た。[4][5]

1990年5月、柏木はトランプからの再戦の誘いを受け、再度バカラに参加し、一旦は925万ドルの収益を得たが、最終的に1000万ドルを失うこととなった。このゲームにおいては、柏木が1000万ドルを失った時点でトランプよりゲーム中止の申し入れがあったものとされる。[6]

[編集]

1992年1月3日、柏木は河口湖を望む山梨県の自宅にて首や胸など十数カ所を刺された状態で発見された。この殺人事件について犯人は見つからず、2007年1月に時効となった。[3] 死亡した時点で、バカラに起因する借金の総額は900万ドルに達していたと言われている。

映画「カジノ」[編集]

映画「カジノ」に登場する日本人ギャンブラーK・K・イチカワは柏木がモデルであり、アメリカで有名となった料理人「ノブ・マツヒサ」こと松久信幸がイチカワを演じている。[7]

脚注[編集]

  1. ^ カジノの世界では、常に巨額の資金をギャンブルにつぎ込む人物を「鯨のような大物」の意味でこのように呼ぶことがある。
  2. ^ a b ハイローラー柏木昭男のギャンブルと闇に葬られた死”. 2021年1月4日閲覧。
  3. ^ a b 刀で十数カ所をメッタ刺し…トランプと対決した日本人ギャンブラーは、なぜ血の海の中で死んだのか”. 2021年1月4日閲覧。
  4. ^ トップギャンブラー『暗殺された日本人』柏木昭男の人生とは|依存症と死の闇”. 2021年1月4日閲覧。
  5. ^ これの敗戦によりトランププラザは資金難に陥りることとなった。
  6. ^ Akio Kashiwagi - the Controversial Baccarat Gambler”. 2021年1月4日閲覧。
  7. ^ 映画『カジノ』と日本人ギャンブラー柏木昭男”. 2021年1月4日閲覧。

関連項目[編集]

  • カジノ - 柏木がモデルとなった人物が登場する映画

外部リンク[編集]

参照[編集]