柏崎館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯40度16分14秒 東経140度46分14秒 / 北緯40.270672219402度 東経140.7705710653度 / 40.270672219402; 140.7705710653

柏崎館の位置(秋田県内)
柏崎館
柏崎館
柏崎館の位置

柏崎館(かしわざきたて)は、秋田県鹿角市十和田毛馬内に所在した日本の城。別称 毛馬内城(けうまないじょう)。

概要[編集]

鹿角市街を真下に見下ろし、連郭城平坦面三個をもち、本丸は東西200m×南北120mで、他に二の丸、三の丸の名称が残る[1]

江戸時代秋田藩津軽藩両藩御領りとして要害屋敷と公称され明治に至った。現在は、本丸跡には館神八幡神社が現存する。

沿革[編集]

慶長12年(1607年)、藩主の命により毛馬内権之助政次によって築城、翌13年(1608年毛馬内古館から居を移した。

寛永19年(1642年)、毛馬内政次が卒し、嗣子が4歳の幼年であったため、藩境警備の重責に耐えないとして、翌20年(1643年)大湯より弟の毛馬内三左衛門直次が知行替となり柏崎館に入った。

明暦3年(1657年)、所替えにより毛馬内通代官となった桜庭氏の居館となる。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 児玉 幸阿・坪井 清足 『日本城郭大系 第2巻 青森・岩手・秋田』 新人物往来社、1980年7月15日
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 5 秋田県』 角川書店、1980年ISBN 4-04-001050-7
  • (有)平凡社地方資料センター 『日本歴史地名大系 第5巻 秋田県の地名』 平凡社、1980年6月6日

関連項目[編集]