柏原正明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柏原 正明(かしわら まさあき、1931年昭和6年)12月25日[1] - 2018年平成30年)8月29日[2])は、日本実業家。元千代田化工建設代表取締役社長。

経歴・人物[編集]

1953年大阪大学工学部応用化学科を卒業後、千代田化工建設入社[1]。エンジニアリング副本部長、同本部長、技術本部長を経て1987年12月副社長に就任[1]。のち1992年6月玉置正和に代わり社長に就任した[1]。1996年に社長の座を退き、北川正人が次代社長となった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 千代田化工建設株式会社『千代田化工建設60年の歩み』、p.102(2008)
  2. ^ 柏原正明氏が死去 元千代田化工建設社長  :日本経済新聞、2018年12月16日閲覧。
先代:
玉置正和
千代田化工建設社長
1992年 - 1996年
次代:
北川正人