柏原敬子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柏原敬子(写真右)

柏原 敬子(かしはら けいこ、1956年(昭和31年)9月[1]- )は、日本の元航空自衛官である。大阪府大阪市出身[2]。最終階級は空将補佐伯光海将補(医官)、梶田ミチ子空将補に続いて三自衛隊で3例目の女性自衛官の将官であり、一般的な武官として現職で将補の階級になった初の女性自衛官であり[3]、三自衛隊初の女性基地司令であった。

経歴[編集]

関西学院大学では合気道部に所属した。大学卒業後、女性自衛官の採用が始まって5年目の1979年(昭和54年)航空自衛隊に一般幹部候補生(A幹部)として入隊した。同期生は男性が150名に対して、女性は5名であった[4]。当初は女性自衛官の教育を担当、その後、男子新隊員区隊長となった。30代の時、女性幹部自衛官の親睦団体「弥生会」を立ち上げた[4]

総務人事畑を進み、航空自衛隊幹部候補生学校業務部長、航空教育集団司令部総務部長、情報本部総務部長、航空総隊司令部総務部長などを歴任した[1]。2010年4月1日、防府南基地司令に就任、自衛隊初の女性基地司令となった[1]。2011年8月5日には航空自衛隊第3術科学校長兼ねて芦屋基地司令に就任。空将補に昇任し医官や営門将補を除く自衛隊初の女性将官となった[2]。2012年11月24日の航空祭では、ロンドンオリンピックのメダリスト、鈴木聡美に1日基地司令を委嘱した[5]

2013年8月22日付で3術校長の任を解かれ、航空自衛隊を退官[6]。以後は活躍した女性隊員として、各種講演などを行っている[7]

年譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 1700人のトップは女性司令 空自防府南基地に着任”. 山口新聞 (2010年4月13日). 2016年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月2日閲覧。
  2. ^ a b 社会のために、先駆者として道を切り拓く。”. アヴァンティ (2012年4月20日). 2013年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月2日閲覧。
  3. ^ 佐伯は特技(医官)、梶田は退職日特別昇任(営門将補)であるため
  4. ^ a b 柏原 敬子さん - ロールモデル”. 福岡県男女共同参画センターあすぱる (2012年7月18日). 2013年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月2日閲覧。
  5. ^ 競泳・鈴木選手が一日基地司令、芦屋基地航空祭”. 読売新聞 (2012年11月25日). 2013年1月2日閲覧。
  6. ^ 防衛省人事発令(2013年8月22日付将補人事)
  7. ^ “ケネディ大使「私が失敗すれば…プレッシャー」”. 読売新聞. (2014年4月4日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140404-OYT1T50183.html 2014年4月5日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 航空自衛隊芦屋基地 - 基地司令の挨拶
  • 防衛年鑑2012(DMC - 防衛年鑑刊行会)