柏倉康夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柏倉 康夫(かしわくら やすお、1939年2月23日 - )は、日本のジャーナリストフランス文学者放送大学名誉教授。専門は、フランス文学メディア論

人物[編集]

東京都出身。東京都立日比谷高等学校を経て、1963年東京大学文学部フランス文学科卒業。日本放送協会(NHK)入局。NHKパリ支局特派員、NHKキャスター、NHK解説委員室開設主幹を歴任し、解説委員として多くの番組に関わった。教員時代にも、教育テレビでのシンポジウム番組に司会進行で参与している。現在もNHKラジオ第1放送で放送されているラジオあさいちばんの「時の話題」のコーナーで不定期出演することがある。

1996年から2002年3月まで京都大学大学院文学研究科(二十世紀学専修)教授。2002年4月から2009年3月まで放送大学教授。2005年より2007年まで副学長[1]ほかに付属図書館長にも就いた。2009年に放送大学学園を定年退職。

1997年、フランスより国家功労勲章シュヴァリエ章授与。

2006年に博士論文『生成するマラルメ』を京都大学に提出し博士号を取得した。

著書[編集]

  • 『ゲルニカ帰郷 ピカソの祈り』(日本放送出版協会 1981)
    • 改訂版 『ピカソの祈り 名画〈ゲルニカ〉の誕生から帰郷まで』(小学館ライブラリー 1999)
  • 『パリの詩・マネとマラルメ』(筑摩書房 1982)
  • 『マラルメ探し』(青土社 1992)
  • ノーベル文学賞 作家とその時代』(丸善ライブラリー 1992)
    • 改訂版 『ノーベル文学賞 「文芸共和国」をめざして』(吉田書店 2012、増補版2016)
  • 『マラルメの火曜会 世紀末パリの芸術家たち』(丸善ブックス 1994)
  • 梶井基次郎の青春 『檸檬』の時代』(丸善ブックス 1995)
  • 『エリートのつくり方 グランド・ゼコールの社会学』(ちくま新書 1996)
    • 増補改訂版『指導者はこうして育つ フランスの高等教育 グラン・ゼコール』(吉田書店 2011)
  • 『情報化社会研究 情報革命と社会の変革』(放送大学 2002)
  • 『マスコミの倫理学』(丸善出版事業部 2002)
  • 『生成するマラルメ』(青土社 2005)
  • 『アンリ・カルティエ=ブレッソン伝』(青土社 2007)
  • 『若き日のアンドレ・マルロー 盗掘、革命、そして作家へ』(行路社 2008)
  • 『敗れし國の秋のはて 評伝・堀口九萬一』(左右社、2008)
  • 『私たちはメディアとどう向き合ってきたか』(左右社「放送大学叢書」 2009)
  • 『評伝 梶井基次郎 視ること、それはもうなにかなのだ』(左右社 2010)
  • 『指導者はこうして育つ フランスの高等教育』[2](吉田書店 2011)
  • 『思い出しておくれ、幸せだった日々を 評伝ジャック・プレヴェール』(左右社 2011)
  • 石坂洋次郎若い人」をよむ 妖しの娘・江波恵子』(吉田書店 2012) 

共編著[編集]

  • 『フランス文学』渡邊守章石井洋二郎共編著 放送大学 2003
  • 『マスメディア論』萩野弘巳、小室広左子共著(放送大学 2003)
  • 『表象としての日本 西洋人の見た日本文化』山内久明阿部齊共編著 放送大学 2004
  • 『EU論』植田隆子小川英治共編著(放送大学 2006)
  • 『情報と社会』林敏彦、天川晃共編著 放送大学 2006
  • 『日本のマスメディア』佐藤卓己、小室広佐子共著(放送大学 2007)

翻訳[編集]

  • 『牧神の午後 マラルメ・ドビュッシーニジンスキーオルセー美術館編 平凡社 1994
  • リシャール・エスクリード『マラルメの「大鴉」 エドガー・A.ポーの豪華詩集が生れるまで』臨川書店 1998
  • ジャック・アタリ『21世紀事典』伴野文夫萩野弘巳共訳 産業図書 1999
  • ジャン=リュック・ステンメッツ『マラルメ伝 絶対と日々』永倉千夏子、宮嵜克裕共訳 筑摩書房 2004
  • ステファヌ・マラルメ『賽の一振りは断じて偶然を廃することはないだろう』行路社 2009。解説フランソワーズ・モレル
  • ゴードン・ミラン『マラルメの火曜会 神話と現実』 行路社 2012
  • ジャック・プレヴェール『歌の塔』未知谷 2013。絵ファビアン・ロリス

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 放送大学通信 ON AIR (PDF) 第79号、 (PDF) 第86号。
  2. ^ エリート養成機関グラン・ゼコールの報告