柄沢十三夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柄沢 十三夫(からさわ とみお、1911年7月18日 - 1956年10月19日または10月20日[1])は、日本陸軍軍人軍医

経歴[編集]

長野県小県郡小学校教員の次男として生まれた。貧しい柄沢家を背負って立つ跡継ぎとして期待され育てられた。1929年東京医学専門学校(現東京医科大学)に入学。1933年卒業、陸軍少尉1936年4月、陸軍軍医学校に入学。軍医中将梶塚隆二が主幹を務める軍陣防疫学教室に所属、細菌学を学んだ。1937年7月、日華事変により学生のまま防疫部の一員として天津に渡り、防疫活動に従事した。この半年前に結婚し、天津にいる間に一女をもうけている[2]

1939年9月、陸軍軍医学校を卒業。同年12月、軍医大尉として妻子を伴い満州国平房関東軍防疫給水部731部隊)に赴任した[2]。軍医少将川島清のもとで、第四部第一課(細菌培養課、柄沢班)責任者を務め、細菌兵器開発にあたった。

1945年9月1日奉天市(現瀋陽市)でソビエト連邦軍捕虜となり、ハバロフスクに送られて取り調べを受けた[3]1949年12月に始まったハバロフスク裁判で矯正労働収容所禁固20年の判決を受け、イヴァノヴォ州レジニェヴォ地区ロシア語版チェルンツィ村ロシア語版ラーゲリ第48将官収容所に収容された[2]

1952年6月、初めて通信の許可が下り、毎月1回柄沢から郷里の妻にあてたはがきが届くようになった。1956年10月19日日ソ共同宣言に伴う恩赦が出て、日本への帰国が決まった矢先の10月20日、洗濯場の梁にひもをかけて縊死しているのが発見された[2]

ソ連側の記録によると、発見者は近衞家嫡男大日本帝国陸軍中尉近衛文隆。近衛は柄沢より4歳年下で、同じ収容所に抑留されていたが、この10日後に死亡した。2015年に見い出されたアメリカ国立公文書記録管理局の近衛文隆ファイルには、アメリカ陸軍情報部が二人の近接した死について疑いをもった旨が記録されている[1]

遺体はチェルンツィ村[4]の俘虜収容所墓地に埋葬され、のち妻が引き取って郷里に葬られた。自殺と知らされた妻は、その原因について「自分のしたことを日本人は許してくれないと考えたからではないか」と語っている[2]

柄沢班の部下であった篠塚良雄は、1984年頃から自らのかかわった人体実験について語り戦争犯罪を謝罪するようになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]