架橋ポリエチレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
CVケーブルの例

架橋ポリエチレン(かきょうポリエチレン、Cross-linked polyethylene)とは、ポリエチレン放射線照射や架橋剤の添加などの処理を施すことにより、高分子の分子鎖を立体網目状構造分子間結合を行わせる反応を行わせたポリエチレン材料のことである。この反応のことを「架橋」反応と呼んでおり、「架橋ポリエチレン」という名前の由来になっている。

架橋ポリエチレンに用いられるポリエチレンは主に低密度ポリエチレンであるとされている。

架橋ポリエチレン管[編集]

架橋ポリエチレンは、電線を通す管や、あるいは水を通す水道管など、なんらかの「管」として、架橋ポリエチレン製の管が用いられる事も多く、このような架橋ポリエチレン製の管のことを「架橋ポリエチレン管」と言うことが多い。(本書では編集の都合上、電線の被覆材も「管」として扱う。)

架橋ポリエチレン管は、ポリエチレンの欠点であった耐熱性が改善されている。架橋ポリエチレンの製造のための架橋剤には、ディクミルパーオキサイドなどが用いられる。[1]

特徴[編集]

一般の架橋ポリエチレン管の特徴として、下記のような特徴がある。

  • 長所として、金属管などと比べ、軽量で取り扱いが楽であり、また曲げやすいため布設や接続が容易である。
  • 欠点として太陽光などの光によって、架橋ポリエチレンは劣化してしまう。なので、もし屋外で架橋ポリエチレン部を露出させた場合、架橋ポリエチレン管も劣化してしまう。対策として実用の架橋ポリエチレン材では、何らかの不透明かつ耐候性のある保護材で架橋ポリエチレン管を覆うことがされているのが一般的である。また、水道管やガス管では、軒下や壁内に配置するなど、そもそも外部からの光の当たらない場所に設置するなどの対策も加えて行われている。

架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル[編集]

架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル(かきょうポリエチレンぜつえんビニルシースケーブル、英語: crosslinked polyethylene insulated PVC sheathed cable、略称:CV)は、屋内外配線用の電力ケーブルの一種。絶縁体に架橋ポリエチレン、シース(外装)に塩化ビニルを使用している。

特長[編集]

現在では、プラスチックケーブル絶縁材料として主流となっており、交流の600Vから500kVの広い範囲の電圧で使用されている。直流電圧では絶縁破壊を起こすことが知られているので、直流では架橋ポリエチレン材料は用いられない。

  • 絶縁耐力が高い。比誘電率が小さいため、誘電損失が小さい。
  • 絶縁油を使用しないで良い。
  • 連続最高許容温度を90℃と高くとれ、このため大きい送電容量を得ることができる。また短絡時許容温度も230℃と大きく短絡電流も大きくとれる。
  • このため、短距離の盤立ち下げ配線であれば1 - 2サイズ細いケーブルが使えるため壁内への落としこみが容易である(VVでは38SQを必要とする回路では22SQで間に合う)。
  • 耐衝撃性、耐摩耗性に優れるなど、機械的特性に優れている。
  • 耐薬品性に優れている。
  • 架橋ポリエチレンは塩化ビニルと比べて比重が小さく、さらに絶縁性能が優れているため絶縁体自体の厚みも薄くできる。そのため同サイズのケーブルであれば直径が細く軽量で取り回しがよい。
  • 特にCVDやCVT、CVQなどの単芯ケーブルを撚り合せた構造の多芯ケーブルは高圧、低圧用途共端末処理が容易である。
  • 芯線の耐候性では塩化ビニル絶縁に劣る。
  • 材料中に水分がふくまれると材料劣化をする水トリーという現象による絶縁破壊を引き起こす場合がある。そのため製法に、水蒸気を極力用いない乾式架橋などの改良製法が用いられている。
  • 日光や照明器具からの光に暴露される環境では、十分に耐光性のある黒色絶縁テープなどで紫外線遮断が必要となる。尚、塩化ビニル絶縁のVVRケーブルではこのような紫外線遮断処理が不要である。
  • 屋外で絶縁被覆の架橋ポリエチレン部を露出させた場合、劣化は塩化ビニル絶縁のケーブルや電線よりも早く進む。

低圧引込用途では、受電点の端末処理が必要で、同等サイズで比較すると、CVよりCVTケーブルなど撚り合わせ多芯ケーブルのほうが取り回しが容易、紫外線遮断処理が不要、許容電流がさらに1ランク多く取れる理由から、CVTケーブルが多く使われており、CVケーブルは14mm2程度のサイズまでしか使われなくなっている。また、CVTケーブルは単芯3条をより合わせているため、熱収縮の吸収が容易であり、曲げやすいため、設置個所のマンホールの設計寸法を縮小化をすることができる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大木義昭; 石原好之; 奥村次徳; 山野芳昭 『電気電子材料 : 基礎から試験法まで』 (初版) 電気学会〈電気学会大学講座〉、2006年、143頁。ISBN 4-88686-252-7 

参考文献[編集]

  • 電気学会『送電・配電 改訂版』、2001年8月20日 改訂版、2012年1月20日 9刷