枝村勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
枝村 勉
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県鎌倉市
生年月日 (1933-02-28) 1933年2月28日
没年月日 (2020-10-04) 2020年10月4日(87歳没)
身長
体重
175 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1960年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

枝村 勉(えだむら つとむ、1933年2月28日 - 2020年10月4日[1])は、神奈川県鎌倉市[2]出身の元プロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

鎌倉学園から早稲田大学に進学。東京六大学野球リーグでは4回の優勝を経験。木村保石井連藏の両エースを擁し、1954年秋季リーグの優勝に貢献。リーグ通算67試合出場、208打数48安打、打率.231、2本塁打、24打点。

1955年に大学の先輩・藤本定義率いる大映スターズに入団[2]。開幕戦から1番打者、右翼手として起用され、この試合で本塁打を放つ[3]。同年は夏に調子を落とすが、55試合に先発出場。

1956年には7月から3番打者に抜擢され、121試合に出場した。

1957年は主に5番打者として起用され、オールスターゲームにも初出場する[2]が、打撃面で低迷。

1958年に大学時代の恩師森茂雄が球団社長の大洋ホエールズへ移籍[2]。しかし活躍の場に恵まれず1960年限りで引退した[2]

実家は茶舗を営んでおり、引退後は継いでいた[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1955 大映 77 228 207 16 40 3 0 2 49 15 4 3 1 1 18 0 1 30 7 .193 .261 .237 .498
1956 121 416 387 30 93 17 3 4 128 40 10 6 2 3 21 0 3 59 6 .240 .285 .331 .615
1957 118 354 326 43 69 15 2 9 115 36 5 3 2 4 19 1 3 73 7 .212 .261 .353 .614
1958 大洋 17 26 25 1 1 1 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 0 7 0 .040 .040 .080 .120
1959 61 111 101 6 20 2 0 1 25 8 0 0 1 0 9 0 0 15 2 .198 .264 .248 .511
1960 23 27 26 2 2 0 0 0 2 1 0 0 1 0 0 0 0 7 1 .077 .077 .077 .154
通算:6年 417 1162 1072 98 225 38 5 16 321 100 19 12 8 8 67 1 7 191 23 .210 .261 .299 .560

記録[編集]

背番号[編集]

  • 5 (1955年 - 1957年)
  • 10 (1958年 - 1960年)

脚注[編集]

  1. ^ 枝村園facebookより
  2. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、89ページ
  3. ^ ベースボールマガジン、2012年5月号 P91
  4. ^ 神宮球場ガイドブック2001年秋号 「神宮球場から翔び立ったプロ野球のスターたち」越智正典

関連項目[編集]

外部リンク[編集]