林皋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林皋(りん こう、男性、1658年 - 1726年+)は、清朝前期の篆刻家である。

を鶴田・鶴顛。福建莆田に生まれ、江蘇常熟に住んだ。

略伝[編集]

清初、装飾性に走るあまり停滞した篆刻界にあって林皋は汪関に私淑し、時代に流されずひとりその法を遵守した。おだやかで、なお精巧な作風を確立し、惲寿平を筆頭に当時の大家の多くは林皋の印を用いている。甫田派に属する。

康煕12年(1673年)、『宝硯斎印譜』を出版する。

出典[編集]