林田騰九郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林田 騰九郎(はやしだ とうくろう、1843年10月14日天保14年9月21日) - 1899年明治32年)9月5日)は、明治時代滋賀県政治家

生涯[編集]

1843年10月14日((旧暦)天保14年9月21日)、近江国甲賀郡相模村(現甲賀市)に生まれる。1872年(明治5年)甲賀郡第7区副区長1874年(明治7年)同区長に選ばれ、地租改正時には甲賀郡総代として地価軽減運動に奔走した。1880年(明治13年)、第一回県議会が大津南町(源大津市顕證寺において開かれ、騰九郎は甲賀郡選出県会議員として参加した[1][2]1884年(明治17年)4月9日の県会において騰九郎は「農商学校」設立建議案を提出し、これが後の滋賀県立商業(現滋賀県立八幡商業高等学校)設立に繋がる。なお同年6月23日互選により中小路与平治岡田逸治郎山岡桃庵等と共に常置委員に騰九郎は初めて選ばれた[3]

1889年(明治22年)4月1日町村制以降に伴い甲賀郡大原村(現甲賀市)初代村長に就任した[1]。その後1891年(明治24年)3月第1回衆議院議員総選挙に滋賀県第2選挙区(栗太郡野洲郡・甲賀郡)より出馬するが落選。1892年(明治25年)2月15日第2回衆議院議員総選挙において初当選を果たしたが[2][1]1894年(明治27年)3月1日第3回衆議院議員総選挙において立憲自由党岡田逸治郎に僅か38票差で破れ落選した[4]。この間、私費を投じて湖南日報を発行し住民の啓蒙活動にも勤めたが、1899年(明治32年)9月5日死去した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「滋賀県百科事典」 「林田騰九郎」の項(大和書房 1984年)
  2. ^ a b 「滋賀県会議員正伝」p126「林田騰九郎」の項(天怒閣 明治25年11月)
  3. ^ 「滋賀県沿革誌」 (滋賀県 明治44年8月)p50
  4. ^ 株式会社VoiceJapan. “『ザ選挙』-選挙情報-衆院選挙一覧”. 2013年1月7日閲覧。