林曼ティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「林曼婷」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
林 曼婷 Football pictogram.svg
名前
愛称 クレア
カタカナ リン・マンティン
ラテン文字 LIN Man-ting
繁体字 林 曼婷
基本情報
国籍  台湾
生年月日 (1990-07-10) 1990年7月10日(27歳)
出身地 台湾花蓮県
身長 170cm
体重 57kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 レアル・バリャドリード
ポジション MFDF
背番号 9
クラブ1
クラブ 出場 (得点)

2010-現在
国立台湾体育学院
レアル・バリャドリード

8 (1)
代表歴
2007-現在 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
1. 国内リーグ戦に限る。2010年6月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

林 曼婷(リン・マンティン、LIN Man-ting、1990年7月10日 - )は、台湾花蓮県出身の女子サッカー選手。チャイニーズタイペイ女子代表レアル・バリャドリード所属。ポジションはミッドフィールダーディフェンダー。チャイニーズ・タイペイの女子選手として初めてヨーロッパでプレーする選手[1]。姉の林瓊鶯も女子サッカー選手である。

来歴[編集]

2006年、16歳のとき19歳以下のチャイニーズタイペイ代表に飛び級で選出されると、中国で開催されたAFC U-19女子選手権2007に出場した。2007年には北京オリンピックアジア予選を戦う年齢制限のないチャイニーズタイペイ代表に選出され、5試合にスタメンで出場した。以後は代表の常連となり、東アジアサッカー選手権20082008 AFC女子アジアカップAFC U-19女子選手権2009などに出場した。いずれの大会でも主にセンターバックのポジションを務めた。

2009年8月にはチャイニーズ・タイペイ代表として自国で行われた東アジアサッカー選手権2010準決勝大会に出場。ボランチのレギュラーとして攻撃をコントロールし、3試合出場で2得点を挙げて準優勝に貢献した[2]

2009年末、スペインで行われたレアル・バリャドリード・フェメニーノの入団トライアルに参加。アフリカやカナダからの参加者がいる中で1年間の契約を勝ち取った[1]。これにより、2010年からスペイン女子トップリーグのスーペルリーガでプレーすることとなった。登録名はクレア

2010年2月、東アジアサッカー選手権2010決勝大会を北朝鮮代表が辞退したために、繰り上げでチャイニーズ・タイペイ代表が出場。準決勝大会でセンターバックを務めた姉の林瓊鶯が負傷離脱していたこともあり、再びセンターバックとしてプレーした。守備の要として格上チームに対し奮戦したが、全敗で第4位となった。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
スペイン リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2009-10 バリャドリード 9 スーペルリーガ・エスパニョーラ 8 1
通算 スペイン スーペルリーガ・エスパニョーラ 8 1
総通算

代表歴[編集]

U-19チャイニーズタイペイ女子代表
チャイニーズタイペイ女子代表

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]