林明美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はやし あけみ
林 明美
本名 林 明美
生年月日 (1971-08-08) 1971年8月8日(47歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県
民族 日本人
職業 アニメーター
アニメーション演出家
ジャンル アニメ演出
活動期間 1992年 -
主な作品
同級生』(キャラクターデザイン・総作画監督・絵コンテ・演出・作画監督)
フルーツバスケット』(キャラクターデザイナー·総作画監督·作画監督)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(作画監督)
PEACE MAKER鐵』(キャラクターデザイナー·作画監督)
少女革命ウテナ』シリーズ(作画監督)

林 明美(はやし あけみ、1971年8月8日 - )は、日本女性アニメーター、アニメーション演出家、キャラクターデザイナーである。愛知県出身。スタジオカラー所属。

略歴・人物[編集]

代々木アニメーション学院を卒業後、ゆめ太カンパニーに入社し、『お〜い!竜馬』でアニメーターデビューを果たす。1996年にフリーランスとなってからは『フルーツバスケット』『PEACE MAKER鐵』などの作品でキャラクターデザインを手がけるようにもなった。

2000年代に入ってからはガイナックスに所属し、同社作品に原画作画監督などの役職で携わる。2007年に放送された「アニ*クリ15」ではアーティストのI's CUBEとタッグを組み、自身の初監督作品として『ナミダの向こう・・』という約1分間のショートアニメを制作した。

アニメ雑誌アニメディア」に掲載されたキャラクターデザイナー(『PEACE MAKER鐵』)インタビュー記事では、「演出・作画の両面で仕事ができるような人になりたい」と話し、その例として平松禎史を挙げていた。

女の子を描くのが好きであり、過去に携わった作品の幾つか(『ナースエンジェルりりかSOS』『少女革命ウテナ』など)は女の子が主人公である。日本のアニメーションにおける女性作画陣の代表的な人物として有名、描画の際の線はとても美麗であり、国外にもファンがいるという。

アニメ演出家大地丙太郎宮崎なぎさとは交友がある。ごくまれに、アニメーターの小林明美と間違われることがある。

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

  • ナミダの向こう・・(2007年) 原作、監督、絵コンテ、演出、キャラクターデザイン、美術設定、原画 (アニ*クリ15提供作品)
  • 花は咲く(2013年) 原画 (PV)
  • 日本アニメ(ーター)見本市 「そこからの明日。」(2015年) 原案・監督・画コンテ・演出
  • Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-(第7話エンドカード)
  • 株式会社カラー創業10年記念作品「よいこのれきしアニメ おおきなカブ(株)」(2016年)作画

関連項目[編集]

外部リンク[編集]