林平四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林 平四郎(はやし へいしろう、1857年12月26日安政4年11月11日[1]) - 1941年昭和16年)12月11日)は、日本の実業家政治家。族籍は山口県平民[2]醤油醸造業並料理旅館業[3]。貴族院議員[3]。山口県多額納税者[3]。第55代農林水産大臣林芳正の高祖父。

経歴[編集]

山口県平民・林太平の長男[2]。漢学を修めた後、奥小路町会議員、下関市議、同参事会員、山口県議を務め、徴兵参事会員、所得税調査委員、破産管財人、田中町郵便局長心得となる。家業の醤油醸造業大津屋社長、下関商業会議所議員、同会頭、関西汽船・朝鮮勧農各取締役、長州鉄道社長、下関米取引社長、下関瓦斯(山口合同ガスの前身)創業社長、山陽電気軌道(サンデン交通の前身)創業社長、下関倉庫社長、衆議院議員貴族院議員等を歴任した[4]

年譜[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第三十六回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1915年、23頁。
  2. ^ a b 『人事興信録 6版』人事興信所、1921年、は47頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年6月3日閲覧。
  3. ^ a b c 『人事興信録 11版下』人事興信所、1937年-1939年、は135頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年6月3日閲覧。
  4. ^ 日本経済新聞』2013年10月28日。
  5. ^ 「200年企業 成長と持続の条件(224)大津屋 醤油を原点に『温故創新』」『日本経済新聞』2013年10月28日。

関連項目[編集]