林家鉄平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
林家 鉄平はやしや てっぺい
林家 鉄平
花菱は林家三平一門の定紋である。
本名 山下 恵三
生年月日 (1951-04-18) 1951年4月18日(66歳)
出身地 日本の旗 日本福井県福井市
師匠 初代林家三平
林家こん平
出囃子 日戎
活動期間 1973年 -
活動内容 古典落語
ラジオパーソナリティ
所属 落語協会

林家 鉄平(はやしや てっぺい、1951年4月18日 - )は、福井県福井市出身の落語家。本名、山下 恵三(やました けいぞう)。出囃子は『十日戎』。定紋は『花菱』。落語協会所属。

来歴・人物[編集]

1972年福井工業高等専門学校を卒業して自動車メーカーに入社する。しかし、落語家になることを決意し、翌年に退社。初代林家三平に入門した。「鉄平」という芸名は、肌が黒かったことと、「固い人間になるように」との三平の思いに由来する[1]。。

前座時代には、先輩落語家から八つ当たりで膝蹴りを受け、肋骨にひびが入るも、包帯で脇を固めながら前座修行を続けた。ある時、師匠・三平が高座から「うちの弟子に体操部出身者がいるんです。バック転、知ってます? 後ろにクルッと回るやつ。鉄平、鉄平、ちょっと来なさい」と鉄平を呼び出したため、鉄平は肋骨の痛みを抑えながらバック転を披露。高座を終えて楽屋に戻った三平に、鉄平が「師匠…、肋骨…、ひびぃ…」と述べたところ、三平は「あっ、ゴメン、忘れてた…」と骨折の事実を思い出して謝罪したという。なお、鉄平は実際には体操部出身ではなくサッカー部出身だった[2]

1980年、師匠・三平死去に伴い、兄弟子・林家こん平門下に移籍。1989年、真打昇進。寄席定席への出演のほか、ラジオパーソナリティ、各種イベントの司会者としても活動している。また、「笑いと健康」「笑いとユーモアで安全な職場を」という演題で講演活動も行っている。

略歴[編集]

主な演目[編集]

CD・DVD[編集]

CD[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]