林宣根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

林 宣根(イム・ソングン、1957年9月25日 - 2006年3月28日)は、韓国囲碁棋士京畿道始興郡西面(現在の光明市)出身、韓国棋院所属、九段。名人戦挑戦者、東洋証券杯世界選手権戦ベスト16など。2004年から韓国棋院事務総長。

イム・ソングン
各種表記
ハングル 임선근
漢字 林宣根
発音: イム・ソングン
日本語読み: りん せんこん
テンプレートを表示

経歴[編集]

1980年入段。1984年三段の時に25連勝を記録。1986年新王戦で準優勝。1987年王位戦リーグ入り。1988年六段。1989年新王戦優勝。1992、93東洋証券杯出場。1993年八段。1994年、名人戦挑戦者となるが、李昌鎬に0-3で敗退。同年ロッテ杯中韓囲碁対抗戦出場。1995年東洋証券杯ベスト16。1998年九段。2004年マキシムコーヒー杯入神連勝最強戦ベスト4。

2006年、癌のため死去。

タイトル歴[編集]

その他の棋歴[編集]

外部リンク[編集]