林利隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 利隆(はやし としたか、1939年10月29日 - 2005年9月16日)は、日本のジャーナリスト、大学教授。専門分野は、ジャーナリズム論、マスコミュニケーション論、新聞学、メディア論。

来歴[編集]

長野県岡谷市出身。1958年長野県諏訪清陵高等学校卒業、1962年早稲田大学第一文学部哲学科卒業。日本新聞協会入社。編集部副主管、業務部副主管を経て、1977年より編集部主管。1983年に日本新聞協会研究所研究員、1986年から再び編集部主管として雑誌『新聞研究』・機関紙『新聞協会報』の編集長を務め、1988年より日本新聞協会研究所所長。1991年、同職を退任、退職。同年関西大学社会学部教授。1995年早稲田大学教育学部教授。

石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞」の創設に関わり、また早稲田大学ジャーナリズム研究所所長として、学際的な研究活動も行う。

1983年より随時、埼玉大学東洋大学慶應義塾大学関西学院大学立教大学東京経済大学等で非常勤講師、東京大学社会情報研究所で客員教授を務める。日本マス・コミュニケーション学会、情報通信学会、日本スポーツ社会学会、日本出版学会等の役員を歴任。

2005年9月16日、食道癌のため死去。65歳没[1]

著書[編集]

  • 『戦後ジャーナリズムの思想と行動』(日本評論社)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “林利隆氏死去 早稲田大教授”. 共同通信社. 47NEWS. (2005年9月16日). http://www.47news.jp/CN/200509/CN2005091601005680.html 2012年10月15日閲覧。