林健造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
林 健造
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府
生年月日 (1943-05-21) 1943年5月21日(76歳)
身長
体重
176 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手 外野手
プロ入り 1962年
初出場 1962年9月30日
最終出場 1973年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

林 健造(はやし けんぞう、1943年5月21日 - )は、京都府出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手外野手

来歴・人物[編集]

平安高校では1960年、2年生の時に捕手右翼手として春夏の甲子園に出場。春の選抜は2回戦で、山口富士雄のいた高松商に敗れる[1]夏の選手権は2回戦で鹿島高宮崎昭二に完封負け[2]。1年上のチームメートに大崎隆雄がいた。同年の秋季近畿大会では決勝で浪商尾崎行雄を打ち崩し優勝。翌1961年春の選抜への出場を決める。選抜では準決勝に進出するが、柴田勲投手のいた法政二高に敗れる[1]。高校同期に阪本敏三がいる。

1962年大洋ホエールズへ入団し、内野手に転向。1963年には第1回ジュニアオールスターに出場する。1965年に一軍に定着し、同年は二塁手三塁手遊撃手として46試合に先発出場。その後も俊足で内外野をこなせる準レギュラーとして、地味ながら長く活躍した。1966年5月8日の中日ドラゴンズ戦では板東英二からサヨナラ本塁打を放っている。1972年オフに日拓ホームフライヤーズへ移籍し、1973年引退

かつて、Number405号(1996年11月21日号)の江夏豊野茂英雄対談の中で江夏本人がよく打たれた相手として挙げていた。その中で江夏は、林にだけタイミング良く打たれていたようで、林の当時の年俸は自分が払っていたようなものと言っていたほどだった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 大洋 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1963 12 10 9 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 3 0 .111 .111 .111 .222
1964 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1965 98 199 189 20 49 10 0 4 71 15 6 3 1 1 8 1 0 36 5 .259 .289 .376 .665
1966 88 195 180 25 36 5 0 12 77 22 4 6 6 0 7 0 2 37 2 .200 .238 .428 .666
1967 40 56 52 2 5 2 0 0 7 1 1 1 2 0 2 0 0 16 1 .096 .130 .135 .264
1968 60 89 82 11 22 4 0 1 29 11 1 0 1 0 6 0 0 16 5 .268 .318 .354 .672
1969 72 111 98 8 19 7 0 5 41 13 0 0 1 1 11 0 0 28 2 .194 .275 .418 .694
1970 49 66 62 6 11 1 1 1 17 2 0 0 0 0 4 0 0 22 1 .177 .227 .274 .501
1971 36 45 42 2 9 2 0 0 11 1 2 0 1 0 1 0 1 9 0 .214 .250 .262 .512
1973 日拓 23 13 12 3 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 1 1 0 1 1 .000 .077 .000 .077
通算:11年 481 786 728 78 152 31 1 23 254 65 16 10 13 2 40 2 3 169 17 .209 .253 .349 .602

背番号[編集]

  • 35 (1962年 - 1972年)
  • 58 (1973年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]