扶桑教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
枎桑教から転送)
移動先: 案内検索
扶桑教本部

扶桑教(ふそうきょう)は、散在する富士講を結集し1873年(明治6年)に設立した富士一山講社に起源をもつ教派神道の一派である[1]

概要[編集]

駿河国富士郡(現・富士宮市)の浅間神社宮司で、山梨県北口の浅間神社の社司も兼務した宍野半(ししのなかば)がその宮司時代に[2]、1873年(明治6年)に各地の富士講を結集し、明治6年に富士一山講社設立の運動を起こし[1]、9月9日、富士一山講社となる[2]。吉田口から入山する身禄派以外に、須走口、大宮口、村山口、須山口などの富士講諸派の包括を方針とした[3]。関東の有力な富士講や吉田・須走の御師が指導的立場に立った[3]

1875年(明治8年)に富士一山教会と改称。明治9年2月に太祠を建立し、扶桑教会と改称[3]。扶桑教会の基盤ができると宍野半は、宮司などを辞任し扶桑教に力を絞る[3]

1882年(明治15年)、扶桑教が教派神道の一派として独立し[4]、経典『扶桑教』を刊行[5]

1884年(明治17年)5月13日、宍野半が死亡すると、神宮教神宮大麻神宮暦の内紛があった際に宍野が尽力したため、神宮教の初代管長の田中頼庸が扶桑教管長事務取扱を兼務した[6]。1894年(明治27年)に、成長した宍野健丸が二世管長に就任する[4]

管長[編集]

  • 初代管長[4] 宍野半(ししのなかば)
  • 二世管長[4] 宍野健丸(たけまる)
  • 三世管長[4] 宍野健弌(けんいち)
  • 四世管長[4] 杉山一太郎(すぎやまいちたろう)
  • 現管長 宍野史生(ふみお)

脚注[編集]

  1. ^ a b 井上順孝ほか編 1996, p. 461.
  2. ^ a b 菅田 1985, pp. 162-163.
  3. ^ a b c d 井上順孝 1991, p. 36.
  4. ^ a b c d e f 井上順孝ほか編 1996, p. 265.
  5. ^ 井上順孝 1991, p. 37.
  6. ^ 菅田 1985, p. 177.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]