板西城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
板西城
徳島県
城郭構造 平城
築城主 近藤六親家
築城年 平安時代
主な城主 赤沢氏
指定文化財 町史跡

板西城(ばんざいじょう)は、現在の徳島県板野郡板野町古城にあった日本の城。板野町指定史跡。

歴史[編集]

藤原師光の6男である近藤六親家が平安時代末期に築城。後に赤沢氏の居城となり、勝瑞城の西の守りを固める重要な城であった。しかし、天正10年(1582年)の中富川の戦い長宗我部元親の侵攻を受け、勝瑞城とともに落城し、城主・赤沢信濃守宗伝も討死した[1]

1955年昭和30年)に板野町史跡に指定。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『南海治乱記』一二巻の十四(阿州中富川合戦記)

関連項目[編集]