板倉雄一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いたくら ゆういちろう
板倉 雄一郎
生誕 (1963-12-26) 1963年12月26日(54歳)
日本の旗 日本千葉県船橋市
職業 企業経営コンサルタント経済評論家

板倉 雄一郎(いたくら ゆういちろう、1963年12月26日 - )は、日本のコンサルタント経済評論家、著述家。千葉県船橋市出身。福島県立福島高等学校卒業。上智大学理工学部中退。

経歴[編集]

1984年2月にゲームソフト開発会社の株式会社ザップを設立(協力者に山名学がいる)。1984年に約8万9,000の加入電話が不通となった「世田谷電話局火災事故」の際に板倉の電話が混線し、同じく混線に遭遇した数人と同時に会話ができた事をヒントに、通信アプリケーションサービス会社の国際ボイスリンク株式会社を1989年12月に設立し、1990年6月から電話会議サービス開始。1991年6月、出資者との経営上の対立から国際ボイスリンクを退社し、国際ボイスリンクのサービスを発展させた、株式会社ハイパーネットを設立した。ハイパーネットではアスキーと提携して世界初のプッシュ型ダイレクト広告システムを利用した無料インターネット接続サービス「HotCafe」を展開し、ニュービジネス協議会より「ニュービジネス大賞」および「通商産業大臣賞」を受賞した。

一時はハイパーネットの経営者として成功するが、1997年にハイパーネットが倒産。個人としても37億円の債務を負い自己破産する。1998年に、その経緯を纏めたノンフィクション『社長失格 ~ぼくの会社がつぶれた理由~』を著し、ベストセラーとなる。1999年に自身の個人事務所として「板倉雄一郎事務所」を設立。2000年2月にベンチャーキャピタルベンチャーマトリックス株式会社」設立。2004年から「板倉雄一郎事務所」を公認会計士や弁護士、外資系金融機関勤務などとのパートナーシップ形式の組織に移行させ、企業コンサルタント業、投資セミナー、ファイナンス教育、書籍やDVD等による啓蒙活動を展開した。2011年11月から社名を「Synergy Drive Inc.」に改め、ウェブ・サービス「Voicelink」と「iCHIMOK」の提供を開始するが「Voicelink」は2013年8月22日を以てサービスを停止。[1]

著作[編集]

単書[編集]

共著[編集]

  • 『敗者復活の経営学―チャレンジを続ける人だけが成功する』(米倉誠一郎共著、2001年、PHP研究所)

DVD[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]