板倉重形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
板倉 勝形
時代 江戸時代前期
生誕 元和6年(1620年
死没 貞享元年7月26日1684年9月5日
改名 主馬助(幼名)、勝形
別名 次郎左衛門(通称)
戒名 大円院殿機外源用大居士
墓所 愛知県西尾市の長円寺
官位 従五位下、伊予
幕府 江戸幕府
上野国安中藩
氏族 板倉氏
父母 父:板倉重宗
兄弟 重郷重形
正室:高木正弘の娘
亀丸帯刀、娘(建部政宇正室)
娘(神保元茂正室)、娘(堀直佑正室)
養子:重同

板倉 重形(いたくら しげかた)は、上野安中藩の初代藩主。重形系板倉家初代。

経歴[編集]

元和6年(1620年)、板倉重宗の次男として生まれる。兄に嗣子である重郷がいたため、父の死後は家督を継げなかった。寛文元年(1661年)、兄の重郷から摂津のうち9000石を分与され、1万石を領有する。

延宝9年(1681年)5月21日、摂津・下野のうちから1万5000石で安中藩に入り、初代藩主となる。沼田藩真田信利改易の際の沼田城破却や街道整備、土地政策に尽力し、藩政の基礎を固めた。天和3年(1683年)2月2日に寺社奉行に任じられる。

貞享元年(1684年)7月26日に死去。享年65。跡を養子重同が継いだ。