松澤佑次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松澤 佑次(まつざわ ゆうじ、1941年10月18日[1] - )は、日本医学者住友病院院長。元大阪大学医学部附属病院 病院長、大阪大学名誉教授アディポネクチンの発見者であり、「メタボリックシンドローム」の提言者としても知られる。和歌山県田辺市出身[1]

略歴[編集]

  • 1966年 - 大阪大学医学部を卒業。
  • 1991年 - 大阪大学医学部 第二内科(現 大学院医学系研究科分子制御内科)教授に就任。
  • 2000年 - 大阪大学医学部附属病院 病院長に就任
  • 2003年 - 大阪大学名誉教授、財団法人住友病院 院長に就任。

学会役職

受賞等[編集]

「脂肪細胞研究を基盤にした生活習慣病の解明」[2]
「内臓脂肪症候群の概念確立とその分子機構の解明」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.384
  2. ^ 武田医学賞受賞者”. 武田科学振興財団. 2007年4月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年10月17日閲覧。

外部リンク[編集]