松澤くれは

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松澤 くれは
プロフィール
誕生日 (1986-06-28) 1986年6月28日(33歳)
出身地 日本の旗 日本富山県
主な作品
舞台 『りさ子のガチ恋♡俳優沼』『わたしの、領分』『殺人鬼フジコの衝動』
テンプレートを表示

松澤 くれは(まつざわ くれは、1986年6月28日 - )は、日本の演出家脚本家小説家俳優富山県出身。劇団<火遊び>代表。早稲田大学第一文学部卒業。 小説を原作とする作品の舞台化を手がける一方、多数のオリジナル作品の脚本・演出を行っている。

2012年、芥川賞作家・中村文則のベストセラー『掏摸[スリ]』(第4回大江健三郎賞受賞作)[1]を初めて舞台化した。

2013年、俳優座劇場にて真梨幸子の50万部超えベストセラー小説『殺人鬼フジコの衝動』(主演:新垣里沙[2]を舞台化した。2015年に再演。

2014年、古野まほろのデビュー作『天帝のはしたなき果実』を舞台化。主演もはたした。

2017年、白河三兎の『私を知らないで』を舞台化(主演:楠世蓮)

2018年、自身が脚本・演出をつとめた『りさ子のガチ恋♡俳優沼』で小説家デビューを果たす[3]

主な演出・脚本作品[編集]

  • 掏摸[スリ]
  • 殺人鬼フジコの衝動
  • 東京ドーピング2020
  • 天帝のはしたなき果実
  • わたしの、領分
  • 私を知らないで
  • りさ子のガチ恋♡俳優沼[4]
  • あなたも知らない舞台裏[5][6]

小説作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]