松浦耕大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松浦 耕大
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県北九州市
生年月日 (1993-04-06) 1993年4月6日(28歳)
身長
体重
175 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2014年 育成選手ドラフト1位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

松浦 耕大(まつうら こうだい、1993年4月6日 - )は、福岡県北九州市出身の元プロ野球選手捕手)。右投右打。NPBでは育成選手であった。

経歴[編集]

福岡県立八幡南高等学校では県大会3回戦が最高で甲子園出場経験はなかった。

高校卒業後は広島県MSH医療専門学校に進学し、1年目の2013年に全日本クラブ野球選手権大会に出場した[1]

2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、広島東洋カープから育成選手ドラフト1巡目指名を受けた。同年11月7日に支度金300万円、年俸300万円(推定)で仮契約を結んだ[2][3]

2015年は、二軍で5試合に出場。2016年は、四国アイランドリーグplus愛媛マンダリンパイレーツへ派遣された[4][5]

2017年10月4日、支配下登録となることなく戦力外通告を受け[6]、10月31日、自由契約公示された[7]

2018年4月から、母校のMSH医療専門学校へ復学し、柔道整復師資格の取得を目指す[8]

選手としての特徴[編集]

MSH医療専門学校の片岡新之介監督が「捕るだけならすぐにプロで通用する」と太鼓判を押したほど捕球技術に優れている[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 121 (2015年 - 2017年)
  • 22 (2016年) ※愛媛マンダリンパイレーツでの背番号

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 第38回 全日本クラブ野球選手権大会 | 本戦出場チーム”. 日本野球連盟. 2021年4月30日閲覧。
  2. ^ 松浦耕大選手、契約交渉成立”. 広島東洋カープ公式サイト. 2015年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月19日閲覧。
  3. ^ 育成ドラ1・松浦と仮契約”. デイリースポーツ. 2021年4月30日閲覧。
  4. ^ 育成選手を“四国アイランドリーグplus”に派遣!”. 広島東洋カープ公式サイト. 2016年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月11日閲覧。
  5. ^ 広島東洋カープより育成選手派遣受け入れのお知らせ【チームからのお知らせ】”. 愛媛マンダリンパイレーツ公式サイト (2016年3月11日). 2021年4月5日閲覧。
  6. ^ “広島、4選手に戦力外通告 カープ一筋12年・今井「プロとしては一区切り」”. スポニチ. (2017年10月4日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/10/04/kiji/20171004s00001173120000c.html 2017年10月8日閲覧。 
  7. ^ 自由契約選手(育成選手)|2017年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2017年10月31日). 2017年11月1日閲覧。
  8. ^ a b カープから戦力外通告の松浦、“母校”で柔道整復師目指す”. デイリースポーツ (2017年12月2日). 2017年12月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]