松浦晧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松浦 晧(まつら ひかる、文化元年10月18日1804年11月19日) - 安政3年7月3日1856年8月3日))は、肥前国平戸新田藩の第8代藩主。

平戸藩第9代藩主・松浦清の四男。正室は柳沢保光の娘。子に松浦脩(次男)、娘(柳沢泰孝正室)、娘(松浦詮正室)。官位は従五位下、大和守、備後守、伊予守。

幼名は鶴松、半蔵。文化11年(1814年)、先代藩主のが嗣子なくして早世したため、文化12年1月に跡を継いだ。文政2年(1819年)、従五位下大和守に叙任した。嘉永3年(1850年)8月、家督を次男脩に譲って隠居し、安政3年(1856年)7月3日に53歳で死去した。