松浦新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まつうら あらた
松浦 新
本名 松浦新
生年月日 (1986-07-04) 1986年7月4日(32歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府
身長 164cm
血液型 A型
職業 俳優タレント
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2014年-現在
事務所 トラロックエンターテインメント
公式サイト 所属事務所
主な作品
日本映画
TOKYO TRIBE
ディストラクション・ベイビーズ
テレビドラマ
陽炎の辻 完結編 〜居眠り磐音 江戸双紙〜
仮面ライダードライブ
備考
中国武術、武術太極拳の元日本代表選手、全日本チャンピオン、世界選手権大会銅メダリスト、元世界ランク3位。

松浦 新(まつうら あらた1986年7月4日 - )は、大阪府出身、京都外国語大学中央戯劇学院出身の日本の俳優タレントである。 中国武術(武術太極拳)、元日本代表選手南拳の元日本チャンピオン[1] で世界三位の功績を残す。[2] 現在は俳優としてトラロックエンターテインメント[3] に所属。

松浦 新 まつうら あらた
個人情報
フルネーム ARATA MATSUURA
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1986-07-04) 1986年7月4日(32歳)
大阪府門真市
身長 164cm
体重 55kg
ウェブサイト 所属事務所
スポーツ
日本の旗 日本
競技 武術太極拳
種目 南拳・南棍・南刀・長拳・太極拳
クラブ 大阪府武術太極拳連盟
チーム 大阪太極拳協会
引退 2008年
成績・タイトル
世界選手権決勝 銅メダリスト
国内大会決勝

優勝5連覇 (2006〜2008 春,夏全日本大会通算)

南拳種目において歴代最年少記録での優勝 (当時、満19才)
最高世界ランク 3位 (2007年)
自己ベスト 9.79 (全日本武術太極拳競技大会 男子 自選難度南拳)NR,CR

略歴[編集]

来歴[編集]

武術選手時代[編集]

6歳から15歳までサッカークラブに所属。10歳からサッカーと並行し太極拳講師である母親の勧めで中国武術(武術太極拳)を習い始める。

14歳の頃からジュニアの年齢にも関わらず、シニア大会にも同時に出場し続け、2006年、全日本武術太極拳競技大会において、シニア大会を当時19歳の若さで初優勝を果たす。[4]

9.79(10点満点中)という全日本大会において歴代最高得点をマークし、また同時に歴代最年少記録での日本チャンピオンとなる。[5] その後、3年間にわたり全日本競技会、全日本選手権合わせて通算連続5期の全日本優勝を果たす。日本代表として参加した第9回世界武術選手権大会では男子南拳で銅メダルを獲得。南拳、南棍、総合で世界ランク3位となり、同時に2008年北京オリンピック特別公開競技として開催された「北京武術トーナメント」の日本の出場枠を獲得した。しかし2008年に武術選手を引退。

俳優、タレントとして[編集]

2010年に中国政府奨学金制度に合格。北京の国立大学、チャン・ツィイーコン・リー姜文など有名俳優の卒業校「中央戯劇学院・表演系、ミュージカル班」に国費特待留学生として入学し、2年間の演技研修を受ける。

2014年に園子温監督、映画「TOKYO TRIBE」にスカンク役で起用され、日本で役者デビューを果たす。[6]

次作「仮面ライダードライブ」にロイミュード006役として出演し、2人の仮面ライダーを相手にアクションの吹き替えは一切なしで生身でのカンフーアクションシーンを演じた。[7] 

NHK正月時代劇「陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜 完結編」には雹田平役で出演。最後の刺客として 殺陣に定評のある主演の山本耕史と一対一の殺陣シーンを披露し、主演の山本耕史はインタビューで「これまでで1番速い殺陣だったので、剣が追いついていかないというのが、初めてのことでした。」と答え、話題を呼んだ。[8]

成績・受賞歴[編集]

日本武術太極拳連盟公式成績[9]

 1997年   なみはや国体デモンストレーション武術太極拳競技 ジュニア長拳の部   第4位 
 2004年   JOCジュニアオリンピックカップ 男子南刀   優勝 
 2005年   日本代表チームに初選抜   
 2005年   JOC(日本オリンピック委員会)強化指定選手に選抜 
 2006年   全日本武術太極拳競技大会 自選難度南拳[10] 南刀[11]  優勝 
 2006年   全日本武術太極拳選手権大会 自選難度南拳・南棍   優勝 
 2007年   全日本武術太極拳競技大会 自選難度南拳・南刀   優勝2連覇 
 2007年   全日本武術太極拳選手権大会 自選難度南拳[12] 南棍[13]  優勝2連覇  
 2007年   第9回世界武術選手権大会(Good luck Beijing) 南拳[14]  銅メダル獲得
 2007年   第9回世界武術選手権大会(Good luck Beijing) 南拳・南棍総合 3位[15]  同時に2008年北京オリンピック特別公開種目の出場枠獲得
 2004年   大阪府スポーツ賞 優秀選手賞  [16]  受賞
 2007年、2008年   京都外国語大学 学長賞 [17]  2年連続受賞
 2008年   全日本武術太極拳競技大会 自選難度南拳・南刀   優勝3連覇
 2007年、2008年   大阪府門真市長賞詞   2年連続受賞

出演作品[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 日本舞踊藤間流、藤間万恵 北京日本舞踊公演 「船弁慶」 - 船頭三保 役

テレビ[編集]

海外出演作品[編集]

  • 「譲拳作証」監督:張偉東、主演:謝苗 - 日本人殺し屋 役
  • 「器灵〜第二季〜」 監督:郭会中(2017年)- 織田剣 役

ラジオ[編集]

中国武術動画[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]