この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

松浦寛子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松浦 寛子
Hiroko Matsuura
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-07-15) 1990年7月15日(29歳)
出身地 熊本県熊本市
ラテン文字 Hiroko Matsuura
身長 180cm
体重 71kg
血液型 O型
選手情報
愛称 ヒロ
ポジション S
指高 234cm
利き手
スパイク 297cm
ブロック 289cm
テンプレートを表示

松浦 寛子(まつうら ひろこ、女性、1990年7月15日 - )は、日本バレーボール選手である。ニックネームはヒロVチャレンジリーグPFUブルーキャッツに所属していた。

来歴

熊本県熊本市出身。母親の影響で小学4年よりバレーボールを始める。

2008年、東九州龍谷高等学校在学中に、ウイングスパイカーとして同級生の岩坂名奈らとともに春高バレーおよびインターハイ優勝、国体準優勝などに大きく貢献した。

またユース代表やジュニア代表として、2007年第6回アジアユースバレーボール女子(U-18)選手権大会優勝、世界ユース女子(U-18)バレーボール選手権大会スパイク賞獲得、2008年アジアジュニア女子選手権大会優勝などを経験した。

2009年、NECレッドロケッツ入団。数少ない大型セッターとして期待されている。2010年4月、全日本メンバーに登録された[1]。同年8月開催のワールドグランプリではセカンドセッターとして全試合に出場した。

2012年にNECレッドロケッツを退団し、新天地を海外に求めてアゼルバイジャンリーグのアゼリョル・バクーへ移籍する[2][3]

2013年、全日本に復帰しモントルーバレーマスターズに出場した。同年9月、VチャレンジリーグPFUブルーキャッツに移籍した[4]

2017年5月15日、PFUは松浦の退団を発表した[5]

球歴

  • 全日本代表
    • ユース代表 - 2007年
    • ジュニア代表 - 2008年
    • シニア代表 - 2010年、2013年

所属チーム

受賞歴

  • 2007年 - 世界ユース女子(U-18)バレーボール選手権大会 - スパイク賞

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[6]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2009/10 NEC 28 105 279 96 34.4% % 21 0.20 244 12 4.92% 13.2% 164 36.6% 129
2010/11 26 97 522 180 34.5% % 23 0.24 368 11 2.99% 9.6% 368 59.5% 214
2011/12 21 65 119 42 35.3% % 14 0.22 169 8 4.73% 12.0% 88 46.6% 64
2012/13 アゼリョル・バクー
2013/14 PFU チャレンジリーグの為、記録を記載せず
2014/15
2015/16
2016/17 21 73 14 6 42.9% % 19 0.26 237 2 % 6.6% 3 33.3% 27

脚注

  1. ^ 月刊バレーボール 2010年7月号 20ページ
  2. ^ 元日本代表の松浦がアゼルバイジャンへ 日刊スポーツ 2012年8月29日閲覧
  3. ^ DELIGHT. “(バレーボール) 松浦寛子選手の移籍先のお知らせ”. 2012年9月5日閲覧。
  4. ^ PFUブルーキャッツ. “新加入選手紹介”. 2013年9月6日閲覧。
  5. ^ 退団選手のお知らせ”. PFUブルーキャッツ. 2017年5月17日閲覧。
  6. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2017年5月17日閲覧。

外部リンク