松波恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松波 恵子
生誕 (1947-05-12) 1947年5月12日(70歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 桐朋学園大学中退
ジャンル クラシック
職業 チェリスト
担当楽器 チェロ

松波 恵子(まつなみ けいこ、1947年5月12日[1] - )は、日本チェリスト水戸室内管弦楽団メンバー[2]

経歴[編集]

東京都出身。9歳より佐藤良雄に師事。桐朋学園高等学校音楽科で、齋藤秀雄に師事した後、桐朋学園大学に進学したが中退し、パリに留学し、アンドレ・ナヴァラに師事した。帰国後、1975年から1992年まで新日本フィルハーモニー交響楽団の首席チェロ奏者を務めた。サイトウ・キネン・オーケストラ創設時より2006年までメンバーとして参加。現在、桐朋学園大学、東京音楽大学愛知県立芸術大学で講師を務める。

自身が育てたチェリストたちによるコンサートが開かれている[3]

受賞[編集]

  • 1965年 第34回日本音楽コンクール第2位[4]
  • 1972年 パリ国際チェロコンクール 特別賞
  • 1973年ガスパール・カサド国際チェロコンクール 第3位

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1][リンク切れ]
  2. ^ 楽団員プロフィール”. 水戸室内管弦楽団. 水戸芸術館. 2015年3月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  3. ^ [2][リンク切れ]
  4. ^ 入賞者一覧”. 日本音楽コンクール. 2014年6月11日閲覧。