松江護國神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松江護國神社
Matsue-gokoku-jinja01s4592.jpg
所在地 島根県松江市殿町1-15
位置 北緯35度28分36秒
東経133度02分58.5秒
主祭神 護国の英霊
社格 内務大臣指定護国神社・別表神社
創建 昭和14年(1939年
本殿の様式 神明造
例祭 10月23日
テンプレートを表示

松江護國神社(まつえごこくじんじゃ)は、島根県松江市松江城址にある神社護国神社)である。

概要[編集]

明治維新後の国難に殉じた旧出雲国隠岐国出身の戦没者2万2千余柱を祀る。島根県内には他に濱田護國神社がある。

昭和10年(1935年)に島根県招魂社建設奉賛会が組織された。昭和14年(1939年)3月に松江招魂社として創建・鎮座したが、同年4月、招魂社の制度改革により松江護國神社となった。第二次大戦後は島根神社と称していたが、日本の主権回復後の昭和28年(1953年)に元の社名に復した。

外部リンク[編集]