松永誠剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松永誠剛(1984 - )は日本のコントラバス奏者、SHIKIORI代表、プロデューサー。

略歴[編集]

1984年生まれ、福岡出身。高校生の時にリチャード・ボナ、ジャコ・パストリアスの音楽を聴き、サックスからベースに転向。

2002年の夏をボストンで過ごす。翌年の2003年、NYにてマシュー・ギャリソン Matt Garrisonのもとで学ぶ。

2003年10月、オスカー・ピーターソン・トリオのベーシスト、ニールス–ヘニング・オルステッド・ペデルセンNiels-Henning Ørsted Pedersenに弟子入りし、デンマークにてコントラバスを学ぶ。スウェーデン在住のコントラバス奏者の森泰人と共にScandinavian Asian Connection Concertの開催を始め、コンサートのプロデュースを行う。

2010年、南アフリカ・SOWETOに楽器を届けるプロジェクトNAWASHIRO PROJECT2010-2020を発足。[1]

これまで、エド・シグペン(Dr)、デイブ・リーブマン(Sax)、カイル・シェパード(pf)、カヤ・マハラング(Sax)ヴィニシウス・カントゥアリア(Gt/Vo))などと共演。 「デビッド・マシューズ・エイジアン・トリオ」のメンバーとしても活躍中。2013年には振付家・大橋可也の作品の音楽を担当する。[2]演奏家としてだけでなく、トゥーツ・シーツマンスToots_Thielemansのライナーノーツや新聞での連載など幅広い執筆活動も行っている。現在、沖縄・宜野座村がらまんホールの「宜野座村国際交流音楽祭」のアーティスティック・ディレクターを務め、 福岡の古民家SHIKIORI[3]を拠点にに各国から集まる様々なジャンルのアーティストと交流を続けている。

脚注[編集]