松村由利子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松村 由利子(まつむら ゆりこ、1960年9月14日 - )は、日本の歌人

経歴[編集]

1960年9月、福岡県福岡市生まれ。福岡県立筑紫丘高等学校西南学院大学文学部英文科卒。同大学院中退。毎日新聞社に入社し、千葉支局、生活家庭部、科学環境部の記者をつとめる。2006年よりフリーとなり、2010年より沖縄県石垣島在住。まつむらゆりこ名義で、科学関係の児童書翻訳も手がける。

年譜[編集]


著作[編集]

単著[編集]

  • 第一歌集『薄荷色の朝に』短歌研究社(1998年)
  • 第二歌集『鳥女』本阿弥書店(2005年)
  • 短歌エッセイ『物語のはじまり』中央公論新社(2007年)
  • 短歌エッセイ『語りだすオブジェ』本阿弥書店(2008年)
  • 『与謝野晶子』中公叢書(2009年) 
  • 『31文字のなかの科学』NTT出版(2009年)
  • 第三歌集『大女伝説』短歌研究社(2010年)
  • 『お嬢さん、空を飛ぶ-草創期の飛行機を巡る物語』NTT出版(2013年)
  • 短歌エッセイ『子育てをうたう』福音館書店(2014年)
  • 第四歌集『耳ふたひら』書肆侃侃房(2015年)
  • エッセイ『少年少女のための文学全集があったころ』人文書院(2016年)
  • 『短歌を詠む科学者たち』春秋社(2016年)

[4]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 短歌研究賞”. 短歌研究社. 2017年3月5日閲覧。
  2. ^ 第五回平塚らいてう賞”. 日本女子大学. 2017年3月5日閲覧。
  3. ^ 科学ジャーナリスト賞”. 日本科学技術ジャーナリスト会議. 2017年3月5日閲覧。
  4. ^ 「短歌年鑑」(角川書店)「文藝年鑑」(新潮社)より

外部リンク[編集]